メールマガジン「非接触生活プロジェクト」

2011年02月17日

第249号 ティッシュ一枚で。手の洗い方

 みなさん、こんにちは。
 コスメプロデューサーの牛田専一郎です。

 先週は、ちょっと質問・・・日常生活での実践方法と
 ステップ1&2のご報告(178)ステップ3のご報告(163)
 そして、好評・・・「非接触生活」補助商品販売をお知らせしました。

 「牛田さん、牛田さん・・・手洗いを洗顔前の習慣にするのは

  重要なことですね・・・洗うと言うより擦り付けるですけど」

 白木さん、流水の下で、手ぬぐいや
 ティッシュに擦り付ける感じですね。

 「牛田さん、顔や髪を触りたくなったら・・・手を洗ってから

  ということは一日に・・・手を何回洗うことになりますかね」

 白木さん、それは日常の生活環境しだい。
 回数は個人差がありますから示しにくい。

 「牛田さん、ご提案では・・・手ぬぐいをちょうど良いサイズ

  に10~20枚切って自分で実験してみたら・・・でもよくよく

  考えてみれば・・・手で触らなければ済むことでした(笑)」

 『牛田プロジェクト』は激しく稼動中のようです。

 ▼「牛田プロジェクト」とは・・・

 こちらを↓
 http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/01about/about.html

ティッシュ一枚で・・・
☆————————————————————☆

                 手の洗い方              

☆————————————————————☆

 ▼一枚でも大丈夫?

 先週、ティッシュで手を洗うときのコツについての
 お問い合わせを紹介しました。
 数枚重ねて使うと溶けにくいとお知らせしましたが、
 モニターのIさんからご報告が届きました。

  ┌────────────────────────────
  | 【一枚でも大丈夫】
  |
  | メルマガにあった”ティッシュで手洗い”ですが、
  | 私は1枚でも大丈夫です。
  | 
  | 折り目に沿って横長に半分折りにした後、
  | それをもう2回折りたたんで8つ折り(?)にしてから
  | 水に濡らして使っています。
  | 
  | 繊維の方向を揃えて折りたたむためか、「クシャッ」とした
  | まま使うより丈夫に感じます。
  |  
  | もう一つ気を付けているのは”拭う方向”です。
  | 必ず1方向に拭い、往復はさせない。
  | 
  | また拭う方向も、繊維に対して斜めに拭うと
  | 「クシャッ」としやすいように思います。
  | 
  └────────────────────────────

 ■試してみました

 早速スタッフが試してみました。
 折りたたんだ1枚のティッシュを使い、流水の下で
 両手をぬぐってみたところ、くしゃくしゃに小さくなって
 しまうこともなく、きれいにぬぐうことができました。

 少し強めにこすってもちぎれないので、
 きちんとぬぐえるようです。

 ただ、ずっと同じ面を使って手をぬぐうと、
 その面についた抗菌剤や柔軟剤が、再び手についてしまう可能性も
 考えられます。ティッシュの両面を使って、手のひら、手の甲で
 片手に1枚ずつ使うとよいでしょう。

 みなさんも試してみてくださいね。
 また、こんな方法もありますというご報告もお待ちしております。
 手洗いを洗顔時の習慣にしたいですね。

 ■来週の『秘密の化粧品』は

 第194号 あきらめは禁物!『火傷跡・ニキビ跡』の秘密
 http://hisesshoku-derm.com/archives/2009/06/194.php
 でご紹介したO.Sさんのその後を予定しております。

 O.Sさんの経過写真
 http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/2009/06/090622-os-monitor.html
 

 2009年5月以後は、思いがけないちょっとした接触で、
 赤みが増したり、ニキビができたりすることもありました。

 でも、全体としてはニキビ跡の凹みが改善している?

 傷ついた真皮層は修復できない、という医学の常識が
 ひっくり返るかもしれません。

 次週の第269号は、O.Sさんの経過を写真とともに。
 ご期待ください。

ステップ1&2・・・
☆————————————————————☆
 
          嬉しいご報告!(179)
 
☆————————————————————☆

 40代 女性 広島県(ステップ1)

> 湯洗髪10日目ぐらいからASVC22を使用し始めました。
> ちょうどバサバサ感を感じ始めていた時で22のおかげで
> 艶もでて、助かりました。22は一週間ほど使用して、
> その後は完全な湯洗髪へと移行しました。
>
> 今のところ湯洗髪でまったく問題がありません。
> 月1で美容院でヘアダイをしていますが、こちらも問題なしです。
> 夏になり、暑くなって問題を感じたら、22を使用したく
> なるかも・・・。とにかく今は最高に快適です!!

 30代 女性 大阪府(ステップ1)

> (モニター参加前からお湯洗髪は出来ていたので
> ASVC22は顔に使用しました)
> お湯洗髪にしてからパサパサだった髪がしっとりして子供の
> 頃の様な柔らかな髪になり、皮脂もおちついてきました。
>
> 同時期にはじめた○歳の子供は、以前はシャンプーをした
> 直後から頭皮が臭っていましたが、今はまったくしなくなりました。
>
> ASVC22を顔に使用するようになってから、顔のくすみが
> 取れて肌が明るくなってきました。特に目元のきめ、
> 頬の毛穴が少しずつですが整ってきています。
>
> 右頬にほくろのような黒い小さいシミが2つあったのですが、
> 3週間で茶色く薄くなってきています。
>
> お湯洗髪のコツですが、以前、素手で子供の洗髪をしていた時は、
> 前頭部が上手に洗えず頭皮に臭いもあったのですが、
> 綿手袋を使って、指の間に髪を挟み、もむように洗う様に
> してからは、洗い残しがなくなり臭いもしなくなりました。
>
> 親の方はお湯の節約のため、綿手袋+バスタブの湯で
> 大まかな汚れを落とし、素手+シャワーで洗い残しが無いか
> 確認しながら仕上げ洗いをしています。

 50代 女性 宮城県(ステップ2)

> モニターに参加させていただきありがとうございました。
> 又、いつも暖かいメルマガありがとうございます。
>
> 今回、具体的なトラブル肌ではなかったため劇的な変化は
> ありませんでしたが、全体的にトウメイ感が増したような
> 気がします。
>
> 期待したことの一つに最近加齢によるシワ、たるみが急に
> 目立ち始めたので、そちらへの効果でしたがこれは早急に
> 違いが出るようなものではなかったようです。
>
> これ以上シワが増えないように学んだことをシッカリ実行して
> 5年後10年後に差をつけたいものです。

ステップ3・・・ 
☆————————————————————☆

           嬉しいご報告!(164)

☆————————————————————☆

 ▼ASVC35モニターから嬉しいご報告が!

 ASVC35モニターの3週間後アンケート、経過報告に
 たくさんのご返信とご報告メールををいただいております。

 ご協力いただきありがとうございます!

 応募時のお便りと経過のご報告をご紹介いたします。

 40代 女性 北海道 

 <ご応募のメール:2010年6月>

> 最近ようやく皮膚が剥けなくなりました。
> でも、顔を洗った後に顔中ものすごく痒くなることがあり、
> つい擦ってしまうことがあります。
>
> メルマガを見て洗剤類を使ったあとは、必ずタオルで
> 両手を洗うようにしています。シミや小じわがなくなればと思い、
> STEP3に申し込みさせていただきました。

 <継続のメール:2011年2月>

 
> 前回から少し間が空いてしまいました。
> 相変わらず、粉をふいたようになる部分がありますが、
> ひどい乾燥もなく、この冬は快適に過ごせています。
>
> とにかく、顔を触る前には手を洗う。
> やたらと顔に触らないように気をつける。です。

 20代 女性 東京都 

 <ご応募のメール:2010年8月>

 
> こんにちは、初めてStep3に参加します。
> いままでStep2でのモニター参加でしたが、なかなか
> 顔全体の色むら・アトピー跡に変化がなかったので、
> 3に移行することにしました。
>
> 写真でもわかるように、日光のしたではたくさんの
> しみ・掻き壊しの赤みの跡が目立ちます。ずいぶんきれいに
> なったと思っていたのですが、室内で見る自分の肌と
> 日光の下で見る肌の違いにがっかり・・・です。
>
> もう少し色むらをどうにかしたいので、Step3に参加させて下さい。
> 宜しくお願い致します。

 <継続のメール:2011年2月>

> 前回送って頂いてから、約3週間、ほぼ毎日(1日数回の時も
> ありました)塗っていました。同時に、ファンデーションを
> 塗る回数も減らし、肌の調子はとても良好です。
>
> 左ほほのもやもやも少しずつ薄くなってきた気がします。
> メイクもほとんどお湯で落とせるマスカラのみなので
> (ファンデ無しです)、笑った時の目じりに寄るしわが、
> 浅くなったような・・・?!(だといいなということです!)
>
> 顔と首の色がだいぶ違ってきてしまったので、これからは
> 首にも(特に首の後ろ~背中)塗りたいと思います。
>
> 写真は光で赤みが飛んでしまっているかもしれませんが、
> 肌が薄く、赤みをもっと無くし、均一なトーンの肌になりたいです。
>
> お手数ですが、サンプルを送って頂けますでしょうか?
> いつも送って頂き、ありがとうございます。
> 宜しくお願い致します。

モニター応募は・・・
☆————————————————————☆
 
           読者モニター募集中!
 
☆————————————————————☆

 ▼STEP1でモニター登録を

 初めての方は、STEP1で生活習慣チェックをして
 モニター登録をしてください。(忘れずに写真を撮ってくださいね)

 STEP1では、ASVC22をお送りしますので
 お試しください。

 お湯洗髪、洗濯洗剤の変更ができましたら
 STEP2にお進みください。

 写真の提出に抵抗のある方はSTEP3に進まなくても
 OKです。STEP2までチャレンジしてください。

 過去にA、Dをお使いの方はSTEP3からご応募ください。

 読者モニター応募フォームは↓
 https://marketstyles.co.jp/monitor/

(パスワードはメルマガ『牛田プロジェクト』で発行されています。
 ご希望の場合はお手数ですが、メルマガ『牛田プロジェクト』を
 ご登録ください。)

 どなたでも応募できます。(海外からも可能です)

 ただし、応募フォームをよく読んで実践できる方、
 参加条件を守っていただける方に限らせていただきます。

 ————————————————————

           測定モニター募集中!

 ▼2005年から継続しています

 2005年7月に始まった測定ですが、100人以上のモニターの
 みなさんが測定を継続中です。

 200人以上が参加している測定モニターです。

 5年も経つと姓の変わる方も、遠くに引越す方も、1年ぶり
 なんて方も、そして今月からという方も。

 測定は、肌の状態によって濃度別にASVCを使って
 行ないます。(22%~40%濃度)

 肌の悩みを改善したいという方で、
 測定にお越しいただける方はお気軽にご応募くださいませ。

 測定モニターのお申し込み・詳細は↓
 https://marketstyles.co.jp/entryform/measurement/

(パスワードはメルマガ『牛田プロジェクト』で発行されています。
 ご希望の場合はお手数ですが、メルマガ『牛田プロジェクト』を
 ご登録ください。)

好評・・・
☆————————————————————☆

             「非接触生活」補助商品販売             

☆————————————————————☆

 ▼肌の弱い人が健康な素肌を取り戻すために

 「何もつけない」お手入れ法を、実践しやすくするための
 補助商品の研究開発を、読者のみなさんと行なっております。

 おかげ様で開発商品が10アイテムになりました。

 まだまだ研究テーマは目白押しですが、新規の開発を含め
 現在のアイテムの改良も念頭に置いて研究開発を進めます。

  
 
 ご購入はこちらから↓
 http://soundstyle.co.jp/

(パスワードはメルマガ『牛田プロジェクト』で発行されています。
 ご希望の場合はお手数ですが、メルマガ『牛田プロジェクト』を
 ご登録ください。)
 
 「fellow only」の札のかかったドアをクリックしてください。
 クリックするとパスワード入力画面が出てきます。
 
 サイトについての改善点等ご意見、ご質問は
 こちらまで
 →http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html

 ■海外在住のみなさんへ

 海外に販売する準備ができておりません。
 お問い合わせをいただいたみなさん、申し訳ありません。

 準備が整うまで、何度でも無料モニター応募をしてください。
 ご遠慮なく、どうぞお気軽に。

*******************************

 ▼このメルマガでプロジェクトの進行状況を
 お知らせしております。

 今週は、ティッシュ一枚で・・・手の洗い方と
 ステップ1&2のご報告(179)ステップ3のご報告(164)
 そして、好評・・・「非接触生活」補助商品販売をお知らせしました。

 さて次号では・・・何をお知らせいたしましょうか?

 どうぞお楽しみに!

 ★プロジェクトへの感想・協力はこちらへ。
  http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html

前のページへ戻る

このページの先頭へ

メールマガジンのご登録はこちらから↓