メールマガジン「非接触生活プロジェクト」

2011年02月10日

第248号 ちょっと質問。日常生活での実践方法

 みなさん、こんにちは。
 コスメプロデューサーの牛田専一郎です。

 先週は、いかがでしたか・・・白木さんの1日シリーズと
 ステップ1&2のご報告(177)ステップ3のご報告(162)
 そして、好評・・・「非接触生活」補助商品販売をお知らせしました。

 「牛田さん、牛田さん・・・手からの間接接触の影響の大きさ

  が分かってきたので・・・手の洗い方が変わってきましたね」

 白木さん、みなさん工夫をされてますね。
 目に見えない物質ですから厄介ですけど。

 「牛田さん、柔軟仕上げや抗菌加工ってこんなに必要があるの

  でしょうか・・・ちょっと過剰なような気もしてきましたが」

 白木さん、肌で悩んでいる人には、
 早く知って欲しいことなのですが。

 「牛田さん、流水の下で洗うとき・・・手を擦り付ける相手は

  手ぬぐい、ティッシュ、キッチンペーパーなどがありますが

  一番のお薦めは・・・もっと意見を集めたいようです(笑)」

 『牛田プロジェクト』は激しく稼動中のようです。

 ▼「牛田プロジェクト」とは・・・

 こちらを↓
 http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/01about/about.html

ちょっと質問・・・
☆————————————————————☆

              日常生活での実践方法            

☆————————————————————☆

 ▼日常生活での実践方法について

 メルマガ「秘密の化粧品」では、『白木さんの1日』に続き、 
 今週は、みなさんの日常生活のレポートをお送りしました。
 
 感想とともに質問が。

 ■手をぬぐうときのティッシュは?

 手には日常的に抗菌剤や柔軟剤が付着しているので、
 顔や髪に触れる前に、流水の下でティッシュや手ぬぐいを使い、
 手を擦り付けるように洗いましょうとお伝えしました。

 手を洗うときの「ティッシュ」について、読者の方から
 質問が届いています。 

  Eさん
  ┌────────────────────────────
  | 【ティッシュでぬぐうコツは】
  | 
  | 分からないところがあったのですが、手を洗うところ。
  | 
  | ティッシュで手をぬぐいながらとあったので、
  | 試してみたのですが、すぐティッシュが水をすって
  | くしゃくしゃになって、いまいち手をうまく
  | ぬぐえないのですね…(汗
  | 
  | なので、手ぬぐいでやっていますが、ないときは
  | ティッシュでやりたいなぁと思ったので、コツなど
  | ありましたらお教えください(、、* 
  | 
  └────────────────────────────

 ティッシュを使う場合は、少しもったいないですが
 3~4枚くらい重ねて使うとよいでしょう。

 代わりに、水に溶けにくいキッチンペーパーを使うこともできます。
 キッチンペーパーの方が大きくて使いやすいかもしれません。
 コストも安いという意見も届いています。

  Sさん
  ┌────────────────────────────
  | 【ティッシュの漂白剤は大丈夫?】
  | 
  | いつも思うのですが、
  | ティッシュは確か漂白剤などが入っているとかいないとか…
  | なるべく使わないようにしていましたが
  | その辺はどうなのでしょうか。
  | 
  └────────────────────────────

 蛍光染料や保湿成分を配合していないものでしたら、
 使用しても問題ないでしょう。一般的に価格の安いものには、
 特別な加工がされていないようです。

 ■食器洗いについて

  ┌────────────────────────────
  | 【お湯だけで食器洗い】
  | 
  | 食器はお湯だけで、洗剤を全く使っていません。
  | あぶらよごれの時は、ティシュで良くぬぐったあと、
  | お湯洗いです。それだと細菌とか雑菌の心配が
  | 残っていたのでしょうか?
  | 
  └────────────────────────────

 実は食器洗いにも洗剤を使う必要はありません。
 油汚れは熱めのお湯で洗い流すことができます。
 良く洗い、良く乾かせば衛生的に問題はありませんので
 ご安心ください。

 ■来週の『秘密の化粧品』は

 来週の『秘密の化粧品』では、お問い合わせの多かった、
 浴室の掃除法と白髪染め後の洗髪について取り上げます。

 読んでお気づきの点や質問がありましたら、
 お気軽にお知らせくださいね。

 ご意見をお待ちしております。

ステップ1&2・・・
☆————————————————————☆
 
          嬉しいご報告!(178)
 
☆————————————————————☆

 20代 女性 東京都(ステップ1)

> 「何もつけない」に挑戦してから八か月、完全お湯洗髪に
> 挑戦してから三週間経ちます。
>
> 実は、苦戦していたお湯洗髪について、丁寧なブラッシングと
> 地肌をこすらずシャワーを当てるということを心掛けたら、
> ASVC22を使わずとも十分洗髪できるようになりました。
>
> さらにあまりにも「何もつけない」ということに慣れすぎたせいか、
> 洗顔前にASVC22をつけることすら忘れてしまうので、
> 五回ほどしかまだ使えてていません。
>
> ですので、ASVC22の効果を実感するということはまだありませんが、
> ピリピリと刺激を感じることもないので、シミ・ニキビ跡を
> 消すためにこれから徐々にでも生活に取り入れたいと思っております。

 30代 女性 神奈川県(ステップ1)

> 顔が白くなったのが、一番感じられた変化です。
> 毛穴(特にほほの凹凸)はまだまだまだまだ、、ですが、
> 透明感にびっくりしています。
>
> 小鼻の脇の赤みがだいぶ減りました。
>
> 白目部分が、透明感のある白になりました。
> 充血してても、なんだかきれいです。
>
> 下まつ毛が生えてきました。
> 関係性は不明ですが、そういう事例もあるのでしょうか。
> 併せて、顔のうぶ毛の伸び方も早い気がしました。
>
> お湯洗髪のこつは、私はまだまだ途上段階なので、今後も他の方の
> ご意見を参考にくじけず続けたいと思います。

ステップ3・・・ 
☆————————————————————☆

           嬉しいご報告!(163)

☆————————————————————☆

 ▼ASVC35モニターから嬉しいご報告が!

 ASVC35モニターの3週間後アンケート、経過報告に
 たくさんのご返信とご報告メールををいただいております。

 ご協力いただきありがとうございます!

 応募時のお便りと経過のご報告をご紹介いたします。

 30代 女性 群馬県 

 <ご応募のメール:2010年12月>

> お世話になっております。おかげさまで全体的に
> 肌が少し白くなってきた気がします。かゆみ、テカリ、
> 乾燥もなく快適に過ごせています。
>
> 今はミネラルファンデーションでメイクをしていますが、
> ファンデーションなしで過ごせるようになれたら嬉しいです。
>
> まだまだしみ、しわなどが目立ちますが、今後に期待しています。
> 今まで何をしても改善が見られなかったので、このように
> 希望が持てるのがとても嬉しいです。どうもありがとうございます。
> 今後ともよろしくお願いいたします。

 <継続のメール:2011年2月>

 
> お世話になっております。
> 気になっている左右の目頭下から鼻のシミが、
> 薄くなってきたようです。
>
> 全体的にも白くなってきて、以前より肌色が均一に
> なってきたように思います。
>
>  普段は秘密のコンパクトを使用しているのですが、
> 少しブラシでつけるだけでも、それなりに前よりも
> 肌が綺麗に見えるようになってきました。
>
> 脂っぽくなることも乾燥することもなく、化粧くずれも
> ほとんどしないので、化粧直しも必要なくなりました。
>
> 以前の自分の肌から比べたら信じられないことで、とても嬉しく、
> ありがたく思っています。
> 出来ましたら是非継続をお願いいたします。

 40代 女性 愛知県 

 <ご応募のメール:2008年9月>

 
> 20年前に日焼けした時にできた背中のシミを薄くしたいです。
> もともとはソバカスだったのですが
> ほほのシミにも使ってよろしいでしょうか?

 <継続のメール:2011年1月>

> こんにちは
> ASVCをモニターして2年余り過ぎました。
>
> 当初気にしていました毛穴はすっかり目立たなくなりました。
> シミはあまり変わらないように思いますが、あまり気になりません。
> シワも2年前と比べると変わらないので結果的には
> 効果があるのではないでしょうか。
>
> 何かあるとすぐに出た吹き出物はほぼできなくなりました。
> できても次の日には消えています。
> 私の場合お風呂上りに少し厚めに塗りパックしていますが、
> 洗い上がりが本当につるつるしていて気持ちがいいです。
>
> さて白髪染めですが、私の場合は数週間に1度前の生え際にマニキュア、
> 2ヶ月に1度全体にカラーを自宅で入れています。毛染め後の洗髪は
> マニキュアの時は通常通りの念入りな湯シャンです。
>
> 全体染めの時は、匂いが強いので1日のみシャンプーと
> コンディショナーでごまかす感じです。
>
> 浴室の掃除ですが、洗剤を使わず固めのスポンジで洗っています。
> 毎日なので汚れは落ちます。数ヶ月に一度スポンジだけでは
> 落ちない汚れをクレンザーで落とします。
>
> 今の時期は手にしっしんやあかぎれができていますが、市販の
> ハンドクリームをつけず、ワセリンを塗っています。唇にもワセリンです。
> 以上です。手で顔を触らない様に気をつけています。
> ASVC残り少なくなりましたのでお送りいただきますよう
> よろしくお願いいたします。

モニター応募は・・・
☆————————————————————☆
 
           読者モニター募集中!
 
☆————————————————————☆

 ▼STEP1でモニター登録を

 初めての方は、STEP1で生活習慣チェックをして
 モニター登録をしてください。(忘れずに写真を撮ってくださいね)

 STEP1では、ASVC22をお送りしますので
 お試しください。

 お湯洗髪、洗濯洗剤の変更ができましたら
 STEP2にお進みください。

 写真の提出に抵抗のある方はSTEP3に進まなくても
 OKです。STEP2までチャレンジしてください。

 過去にA、Dをお使いの方はSTEP3からご応募ください。

 読者モニター応募フォームは↓
 https://marketstyles.co.jp/monitor/

(パスワードはメルマガ『牛田プロジェクト』で発行されています。
 ご希望の場合はお手数ですが、メルマガ『牛田プロジェクト』を
 ご登録ください。)
 
 どなたでも応募できます。(海外からも可能です)

 ただし、応募フォームをよく読んで実践できる方、
 参加条件を守っていただける方に限らせていただきます。

 ————————————————————

           測定モニター募集中!

 ▼2005年から継続しています

 2005年7月に始まった測定ですが、100人以上のモニターの
 みなさんが測定を継続中です。

 200人以上が参加している測定モニターです。

 5年も経つと姓の変わる方も、遠くに引越す方も、1年ぶり
 なんて方も、そして今月からという方も。

 測定は、肌の状態によって濃度別にASVCを使って
 行ないます。(22%~40%濃度)

 肌の悩みを改善したいという方で、
 測定にお越しいただける方はお気軽にご応募くださいませ。

 測定モニターのお申し込み・詳細は↓
 https://marketstyles.co.jp/entryform/measurement/

(パスワードはメルマガ『牛田プロジェクト』で発行されています。
 ご希望の場合はお手数ですが、メルマガ『牛田プロジェクト』を
 ご登録ください。)

好評・・・
☆————————————————————☆

             「非接触生活」補助商品販売             

☆————————————————————☆

 ▼肌の弱い人が健康な素肌を取り戻すために

 「何もつけない」お手入れ法を、実践しやすくするための
 補助商品の研究開発を、読者のみなさんと行なっております。

 おかげ様で開発商品が10アイテムになりました。

 まだまだ研究テーマは目白押しですが、新規の開発を含め
 現在のアイテムの改良も念頭に置いて研究開発を進めます。

  
 
 ご購入はこちらから↓
 http://soundstyle.co.jp/

(パスワードはメルマガ『牛田プロジェクト』で発行されています。
 ご希望の場合はお手数ですが、メルマガ『牛田プロジェクト』を
 ご登録ください。)
 
 「fellow only」の札のかかったドアをクリックしてください。
 クリックするとパスワード入力画面が出てきます。
 
 サイトについての改善点等ご意見、ご質問は
 こちらまで
 →http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html

 ■海外在住のみなさんへ

 海外に販売する準備ができておりません。
 お問い合わせをいただいたみなさん、申し訳ありません。

 準備が整うまで、何度でも無料モニター応募をしてください。
 ご遠慮なく、どうぞお気軽に。

*******************************

 ▼このメルマガでプロジェクトの進行状況を
 お知らせしております。

 今週は、ちょっと質問・・・日常生活での実践方法と
 ステップ1&2のご報告(178)ステップ3のご報告(163)
 そして、好評・・・「非接触生活」補助商品販売をお知らせしました。

 さて次号では・・・何をお知らせいたしましょうか?

 どうぞお楽しみに!

 ★プロジェクトへの感想・協力はこちらへ。
  http://hisesshoku-ryouhou.com/archives/06info/info.html

前のページへ戻る

このページの先頭へ

メールマガジンのご登録はこちらから↓