☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2021/03/18━☆
       健康な素肌を取り戻す方法の研究と開発

      【非接触生活プロジェクト】

     第672号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

—- 今週は —-

 ・精神的なストレスの影響は?
 ・嬉しいご報告!

 ・非接触生活サポートプログラム参加者募集中
 ・「非接触生活」補助商品販売

 ——————

☆————————————————————☆
 精神的なストレスの影響は?
☆————————————————————☆

 ▼トラブルの原因?

 なかなか改善しない肌トラブルは
 ストレスのせい、とされがちですね。

 ストレスを完全になくすことは難しいため、
 肌が荒れるのはしかたないことと
 思うかもしれません。

 たしかに心や身体にかかるストレスによって
 皮膚のバリア力は低下してしまいます。

 疲れや睡眠不足、暴飲暴食などが
 重なると肌にも影響が出ます。

 疲れたときに顔色がくすんで見えることを
 経験された方も多いでしょう。
 体調が悪いとメラニン値が上がるためです。

 ただし、それだけで大きなトラブルに
 なることはありません。

 ストレスが直接肌に炎症や
 ニキビを起こすことはありません。

 ニキビや乾燥感があるときは
 必ず接触の影響が考えられます。

 ■食べ物の影響は

 脂っこい食べ物やチョコレートの食べ過ぎで
 ニキビができると言われることもありますが、
 肌は特定の食べ物の影響を受けません。

 コーヒーやたばこ、お酒も同じです。

 ただ、体調が悪くなるほど栄養バランスが
 崩れていたり、過度の喫煙や飲酒を
 すると肌のバリア力も低下します。

 心身の健康を維持することが
 健康な素肌にも欠かせませんが、
 同じくらい大切なことは肌を傷めないこと。

 日常生活では8つの生活習慣を
 実践してくださいね。

 ★この春から新しい生活習慣にチャレンジしませんか。
  3か月で肌トラブルを改善↓

  3か月サポートプログラム
 https://jstcd.or.jp/tmsupportprogram/

 ▼海外へのASVC発送について

 コロナウイルスの影響により、
 海外からのお申込みは地域によっては
 発送ができないことや、配達が
 大幅に遅れることがあります。

 ご了承くださいませ。

 ▼測定カウンセリングお休み

 測定カウンセリングは、新たな展開の
 準備が整い次第再開を予定しております。

☆————————————————————☆
 嬉しいご報告!
☆————————————————————☆

 ▼実践サポートプログラムに参加中のみなさんのご報告

 サポートプログラムには8つの生活習慣の完全達成に
 チャレンジする「ラーナー」、3か月間実践する
 「トレーニー」の段階があります。

 開始後3週間のアンケートや経過のご報告メールを
 紹介いたします。

 30代 女性 東京都(2021年1月スタート)

> ざらざらしていた肌触りが、つるつるになってきました。
> まだたまに痒みがでますが、触らないよう頑張っています。
> この時期は荒れやすいですが、なかなか調子がいいです。

*******************************

 ▼このメルマガでプロジェクトの進行状況を
 お知らせしております。

 ★プロジェクトへの感想・協力はこちらへ。
  https://jstcd.or.jp/contact/