☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2019/01/24━☆
       健康な素肌を取り戻す方法の研究と開発

      【非接触生活プロジェクト】

     第575号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

—- 今週は —-

 ・間接接触?うまくいかないお湯洗髪

 ・実践サポートプログラム嬉しいご報告!
 ・非接触生活サポートプログラム参加者募集中
 ・「非接触生活」補助商品販売

 ——————

間接接触?・・・
☆————————————————————☆

          うまくいかないお湯洗髪

☆————————————————————☆

 ▼フケやべたつきが気になるときは

 お湯洗髪を続けていてもフケが気になるという
 ご相談です。

 50代女性
 ———————————————–

 お湯洗髪にしてから半年以上になりますが、
 フケのような白いものが出て改善されません。
 洗髪時とゆすぐ時に綿手袋をしています。
 力の入れ過ぎなのでしょうか。

 疲れてしまい毎日入浴できないのも
 原因になるのでしょうか。

 ———————————————–

 シャンプーをしていたときのように、
 なんとなくごしごし力を入れて全体を洗っていたり、
 ヘアブラシが汚れていると、フケが出やすくなります。

 また、自宅で洗濯できない帽子や抗菌加工をした
 枕などとの接触はないか確認してみてくださいね。

 髪から間接接触をしてしまうことがあるため、
 できるだけ髪は夜寝る前に毎日洗いましょう。

 ▼においとべたつきの原因発見!

 頭皮への間接接触の影響の大きさについて
 こんなご報告も届いています。

 30代女性
 ———————————————–

 私はいつまでも匂いとべたつきが
 気になりついこの間までとても重い髪質でした。

 入浴前にヘアブラシで前後100回を目安に髪を梳かし、
 しっかり湯船に浸かって体を温めてから洗髪を
 するようにしていました。

 が、匂いとべたつきは改善されず、他になにか
 接触がないかと細かな部分を見直しました。

 まずは寝具が洗えないものや抗菌加工してあるものは
 良くないと知り、枕カバーにタオルを巻くようにしました。

 タオルや衣服は必ず指定の洗濯洗剤(トップクリアリキッド)を
 使用しています。

 また、ヘアブラシも指定洗剤で洗うようにしました。
 私の場合はここが問題だったようで、こまめに
 ヘアブラシを洗うようになってからは匂いや
 べたつきは気にならなくなりました!

 他にも、洗えない帽子などは着用せず、非接触生活を
 始める前に使用していたものは全て指定の洗濯洗剤で
 2回以上洗いなおしました。

 ———————————————–

 ヘアブラシを指定の洗濯洗剤で洗うことなど、
 大きな影響はなさそうに思いがちですが。

 なかなかお湯洗髪がうまくいかないときは
 間接接触を疑ってみてくださいね。
 意外と頭皮に触れているものがたくさんあります。

 ▼測定カウンセリングお休み

 測定カウンセリングは、新たな展開の準備のため
 しばらくお休みいたします。
 準備が整い次第再開を予定しております。

実践サポートプログラム・・・
☆————————————————————☆

           嬉しいご報告!

☆————————————————————☆

 ▼実践サポートプログラムに参加中のみなさんのご報告

 サポートプログラムには8つの生活習慣の完全達成に
 チャレンジする「ラーナー」、3か月間実践する「トレーニー」の
 段階があります。

 開始後3週間のアンケートや経過のご報告メールを
 紹介いたします。

 60代 女性 岐阜県(2018年12月スタート)

> 気になるシミがだんだん薄くなって嬉しく思います。
> 皮膚の皮向けもおさまってきました。

 30代 女性 東京都(2018年10月スタート)

> 私は元々肌が弱く、非接触生活を始めて数ヶ月が
> 経った今でも少しの接触で赤みが出たり毛穴が
> 開いたりしてしまいます。
>
> 非接触生活も初めのうちは大変だなぁと後悔したことも
> ありましたが、自分史上一番肌が綺麗な現状を考えると、
> もう化粧水やクリームを塗ったりシャンプーを
> したりをしたいとは思わなくなりました。
>
> 接触を完全に断つのは難しいですが
> 上手に向き合って頑張っていこうと思います!

*******************************

 ▼このメルマガでプロジェクトの進行状況を
 お知らせしております。

 ★プロジェクトへの感想・協力はこちらへ。
  https://jstcd.or.jp/contact/