☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2018/02/19━☆
       健康な素肌を取り戻す方法の研究と開発

      【非接触生活プロジェクト】

     第539号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 前回は、募集枠を拡大・・・測定カウンセリングと
 ステップ1のご報告(467)、ステップ2のご報告(452)
 そして、好評・・・補助商品販売をお知らせしました。

 「牛田さん、牛田さん・・・測定とカウンセリングで肌トラブ

  ルの早い改善をお手伝いするって・・・おっしゃいましたね」

 白木さん、前回ですね。
 確かに申しあげました。

 「牛田さん、早いの『早い』はどのくらいですか・・・切実な

  悩みは1年はちょっと・・・一刻も早く改善したいですから」

 白木さん、目標は・・・。
 1ヶ月~3ヶ月にします。

 「牛田さん、測定データから分かっているって豪語してました

  ね・・・毛穴やニキビなら・・・えっ、シミもですか・・・

  本編に改善期間と写真を・・・早く配信してください(笑)」

 『非接触生活プロジェクト』は激しく稼動中のようです。

☆————————————————————☆

            測定カウンセリングに

☆————————————————————☆

 ▼今週はTさんの事例をご紹介

 先週は認定フェローのTさんが長崎から測定に。

  測定カウンセリングルームは↓
  https://jstcd.or.jp/wp-content/uploads/sokutei_4.jpg

 ■親子で実践しています

 Tさんが非接触生活を始めてから
 それに習ってお嬢さんも実践しています。
 お互いにお湯洗髪を手伝うことも。

 アトピー性皮膚炎気味の息子さんも
 綿手袋に興味を持ったことがきっかけで
 全身を湯洗いをされているそうです。

 お子様はまだ非接触生活の完全達成は難しいとのことですが、
 ご家族で実践すると肌の改善が早いようです。

 気になるシミが少し薄くなったとのことでした。

 ■数値を見て納得

測定では、紅斑値はやや高めでした。

問診表で原因をさぐると、
普段「これくらいは大丈夫だろう」と
 使用しているものが、肌へ強く影響していることが判明。

 また、ご実家に連泊して非接触生活空間が
 確保できなかったことも数値上昇の原因のひとつでした。

 「カウンセリングを受けることで
  肌に触れているものの影響が分かりました。」  

 と、改めて気付くことが多かったようです。

 紅斑値は、一次刺激性物質と接触しなければすぐに下がります。
 次回の測定が楽しみですね。

 ■ご参考になさってください

 先輩フェローとの長年の研究の結果をご参考までに。
 6つの肌トラブルの改善期間は……

☆第405号 肌トラブル別?『改善期間の目安』の秘密
   https://jstcd.or.jp/mailmagazine/number_405/

 Tさん、シミは輪郭が消えると(カメラは捉えていますが)
 肉眼では識別できなくなります。

  ☆第334号 シミ・くすみが?『測定モニターの経過』の秘密(1)
   https://jstcd.or.jp/mailmagazine/number_334/

 原因を知ることで改善期間を短縮することが出来ますね。
 Tさん、今回は本当にありがとうございました。

 ▼募集枠を拡大します

 「認定フェローではありませんが、測定を受けられませんか?」

 というお問い合わせにお応えして対象枠を拡大します。

 ラーナー講座を終了して、
 マスターコースのエントリーテストに合格した方も
 対象に測定を行います。

 7日間のラーナー講座を受講して、
 エントリーテストにチャレンジしてくださいね。

 ラーナー講座の詳細は↓
 https://jstcd.or.jp/supportprogram/hsp/

 ラーナー講座の登録は↓
 https://39auto.biz/rd-division/touroku/entryform1.htm

 メニューの詳細はこちら↓
 https://jstcd.or.jp/supportprogram/counseling/

 ◯特典:

 非接触生活補助製品とASVCを特別価格で
 ご購入いただけます。

ステップ1(ASVC22)・・・
☆————————————————————☆

          嬉しいご報告!(468)

☆————————————————————☆

 ▼ステップ1で8項目の完全実践にチャレンジ!

 このコーナーではステップ1のご報告を紹介いたします。

 8項目を完全に実践できると、ステップ1の期間中に、
 毛穴の開き、ニキビ、カサつき(乾燥)、赤み(炎症)、
 かゆみ、湿疹が治まります。

 治まらない場合は一次刺激性物質との接触が続いています。

 30代 女性  熊本県

> 9か月!
> カサカサ肌がやっと落ち着いてきた!
> 柔らかくなった。

 30代 女性 大阪府

> ニキビができにくくなり、ニキビ跡も
> よくなってきました。目の下の色素沈着が
> ほぼわからなくなりました。
>
> 唇横の色素沈着は唇側から薄くなってきたので、
> 目立ってはいますが範囲は狭くなっています。

ステップ2(ASVC35)・・・ 
☆————————————————————☆

          嬉しいご報告!(453)

☆————————————————————☆

 ▼ステップ2期間のご報告!

 ステップ2開始後3週間のアンケートや
 経過のご報告メールを紹介いたします。

 たくさんのご協力をいただきありがとうございます!

 40代 女性 東京都(2017年10月スタート)

> お湯洗髪、クレンジング、ファンデーションを
> やめた事により、肌が劇的に
> 乾燥しなくなりました。
>
> 以前は頬や顎ラインの薄皮が剥けたり、粉がふいたり
> していましたが、何もつけなくても、しっとりまでは
> いかないですが、サラサラな肌になりました。
>
> 洗髪も洗顔も体もお湯だけに変えた事により、
> 時短になった事も大きな利点です。
>
> 頬の赤みと毛穴、シミらまだ少しありますが、
> 徐々に改善の方向に向かっているので、
> これからもずっと継続して行いたいです。

 30代 女性 兵庫県(2017年11月スタート)

> 以前から湯シャン、何もつけないを実践していますが、
> ASVCが加わったことでさらに自信がもてます。
>
> ASVCのパックは簡単で、続けていれば、
> さらに深い悩みも改善できると期待しています。

新規募集中・・・
☆————————————————————☆

        認定フェローのみなさんへ

☆————————————————————☆

 ▼2005年から継続しています

 2005年7月に始まった測定ですが、100人以上のフェローの
 みなさんが測定を継続中です。

 ご自分の肌の変化を、写真と数値で客観的に見ていくことができます。
 数年前の写真と比べて若返っている方も少なくありません。

 定期的に測定にいらしていただくことで、
 数値が変化したときは何に影響を受けているのか
 特定しやすくなります。

 ふだんの非接触生活の成果を見ることを毎月楽しみにしている方も。

▼測定の新規募集をスタートしました

 測定内容をリニューアルし新規の募集を開始しました。
 
 ラーナー講座を終了しマスターコースのエントリーテストに
 合格した方も対象に測定を行います。

*******************************

 ▼このメルマガでプロジェクトの進行状況を
 お知らせしております。

 今週は、九州から・・・測定カウンセリングにと
 ステップ1のご報告(468)、ステップ2のご報告(453)
 そして、好評・・・補助商品販売をお知らせしました。

 さて次号では・・・何をお知らせいたしましょうか?

 どうぞお楽しみに!

 ★プロジェクトへの感想・協力はこちらへ。
  https://jstcd.or.jp/contact/