☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014/07/11━☆
       健康な素肌を取り戻す方法の研究と開発

               【非接触生活プロジェクト】

     第406号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 前回は、集計・・・サポートプログラムアンケートと
 ステップ1のご報告(334)ステップ2のご報告(319)
 そして、好評・・・補助商品販売をお知らせしました。

 「牛田さん、牛田さん・・・今週も午後になると外出を繰り返

  して・・・しかも夜な夜な懇親会、いえ飲食、いえいえ飲酒」

 白木さん、高度な情報交換です。
 最後はお酒で緊張を解いてます。

 「牛田さん、社員教育を内製化するプロジェクトに関わってい

  るらしいって噂が・・・本当は資料を見ちゃったんですけど」

 白木さん、やっぱり。
 良いコンテンツです。

 「牛田さん、採用から始まって社員基礎力向上のための教育内

  製化・・・業務改善から業績向上のサイクルが自然に回って

  ・・・これを病院・医院に推奨する計画も見えました(笑)」

 『非接触生活プロジェクト』は激しく稼動中のようです。

質問多し・・・
☆————————————————————☆

               白髪染めの影響は

☆————————————————————☆

 ▼お湯洗髪の意味がない?

 
 秘密の皮膚科学のメルマガでは、
 2回シリーズでお湯洗髪で髪に起きる変化を取り上げました。

 第417号 におう?ベタつく?『お湯洗髪に不安のある方へ』の秘密(1)
 http://hisesshoku-derm.com/archives/2014/07/417.php

 第418号 髪質が変わる!『お湯洗髪に不安のある方へ』の秘密(2)
 http://hisesshoku-derm.com/archives/2014/07/418.php

 プロジェクトでは、最近いただいた質問にお答えして
 ちょっと補足をいたします。

 ┌────────────────────────────
 | 
 | 【白髪染めを止めないと効果は出ない?】
 | 
 | 御社のサイトを知るまえから
 | お湯のみの洗髪をたまにしてました。
 | 
 | 私は白髪染めをしております。
 | 仕事がら身だしなみのために白髪染めは
 | 必要なのでこれからも毛染めはするのですが、
 | お湯洗髪の効果はどうなるのだろうと。
 | 
 | お湯洗髪を始めたきっかけは、抜け毛の多さだったので
 | 白髪染めも頭皮膚にはよくないのは分かってますが、
 | 毛染めは致し方なくこれからも続ける事になります、、、
 | 
 | 毛染めをしてる限りは、自分のほんとの毛髪だけに
 | なる事もないと思うのですが、、、
 | 
 | やはり白髪染めは止めないと全く効果はないでしょうか?
 |  
 └────────────────────────────

 髪の毛は死んだタンパク質でできています。

 そのため、一度シャンプーやカラーリング剤などと接触して
 タンパク変性を起こしてしまうと、ダメージが
 元に戻ることはありません。

 ただ、白髪染めやカラーリングはどうしても必要という方も
 たくさんいらっしゃいます。 

 髪や頭皮は傷んでしまいますが、
 普段お湯洗髪をしていれば、ときどき白髪染めをしたときの
 ダメージを最小限にすることができます。

 肌荒れがひどいときは、白髪染めを少しお休みするなど
 上手に付き合ってみてくださいね。

 白髪染めを使った後の対処法はこちらをご参考になさってください↓

 ☆第411号 ダメージを最小限に!『白髪染めを使ったら』の秘密
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2014/05/411.php

 ▼ちょっとおさらい。夏場のASVCの使い方

 暑くなってきてお風呂上がりになかなか汗がひかない
 季節になりましたね。

 ASVCをお風呂上がりに肌につけると
 弾いたようになるというときは、肌に水分が残っています。

 水分が残っているとASVCが薄まってしまいますので、
 乾いた肌に使用するようにしましょう。

 ▼測定お休みのお知らせ

 7月27日(日)は測定がお休みとなります。
 よろしくお願いいたします。

ステップ1(ASVC22)・・・
☆————————————————————☆
 
          嬉しいご報告!(335)
 
☆————————————————————☆

 ▼ステップ1で8項目の完全実践にチャレンジ!

 このコーナーではステップ1のご報告を紹介いたします。

 8項目を完全に実践できると、ステップ1の期間中に、
 毛穴の開き、ニキビ、カサつき(乾燥)、赤み(炎症)、
 かゆみ、湿疹が治まります。

 治まらない場合は一次刺激性物質との接触が続いています。

 50代 女性 USA 

> 何もつけない生活はもう何年も続けていますが、時々誘惑に
> かられてスキンケアに手を出すことがありあます。
>
> 最近も、紫外線が気になるのでパウダーファンデをつけて、
> オフするのにホホバオイルや石けんを使用することがありました。
>
> 気がつくと肌が赤味を帯びて毛穴が開いてきたので、
> あわててこのラーナー講座を申し込みました。
>
> 始めて数日で肌の赤味が取れて1週間もすると
> 開いた毛穴が小さくなり、特に鼻の毛穴はファンデや
> 石けんカスが詰まって大きくなってたのが
> きれいになってきた。
>
> 最近では肌にハリが戻ってきて、顔全体が持ち上がったようで
> 引き締まって見える。紫外線は気になるけど、やっぱり
> 肌には何もつけないのが一番。
>
> アメリカでは日傘を使うのは難しいけど、帽子・サングラス・
> 長袖でがんばっていこうと思います。
>
> お湯洗髪は色々苦労したけど、洗髪前に丁寧なブラッシングを
> することで上手に洗えるようになりました。汚れが気になる
> 日は綿の手袋をつけて洗うとさっぱりします。
>
> 今は3~4週間に一度美容院でシャンプーをしてもらう以外は
> ずっと湯シャン。かゆみはゼロで髪はサラサラ。
>
> 以前は指の腹を地肌に押し付けると白い粉のようなものが
> ついてきて臭いもあったけど、今同じことをしても
> 何も臭いません。
>
> 湯シャンを始めた頃はセミロングでした。元々髪の量が多くて
> 洗うのが大変、どうしてもベタベタ感がなくならないので、
> 一度ばっさりショートにしたらそれからグンと湯シャンが
> 楽になりました。
>
> 今はまたセミロングに戻りましたが、以前のような
> ベタベタ感はなくお湯だけできれいに洗えてます。

ステップ2(ASVC35)・・・ 
☆————————————————————☆

           嬉しいご報告!(320)

☆————————————————————☆

 ▼ステップ2期間のご報告!

 ステップ2開始後3週間のアンケートや
 経過のご報告メールを紹介いたします。

 たくさんのご協力をいただきありがとうございます!

 20代 女性 奈良県(2014年6月スタート)

> 何もつけない、8つの習慣を始めてから1年以上が経過しました。
> 口周り、首筋、背中に当たり前のようにあった吹き出物がなくなり、
> 頭に時々できていた吹き出物も出なくなりました。
>
> また、今までは鼻をかむのにティッシュを使っていましたが、
> 最近ペーパータオルで鼻をかむようにしたところ、毛穴の開きや
> 顔のテカりが少しましになったような気がします。
>
> (どうしても顔がテカテカになってしまうときは、
> ペーパータオルをあぶらとり紙のように使用しています。)
>
> マスターコースへの申し込みは、背中の吹き出物の跡、
> 二の腕のぷつぷつ、顔のシミが気にならなくなればと
> 思ったのがきっかけです。
>
> お風呂前に該当部分に塗っていますが、ましになったような
> 気はするものの、まだまだ頑張らなければならないように思います。
>
> 旅行の時などは、いかに一次刺激性物質との接触を避けるか
> 大変なときもありますが、毎日快適に過ごしています。
>
> 今後ともよろしくお願い致します。

 30代 女性 東京都(2014年6月スタート)

> 始めて2週間くらいは小鼻の角栓がニョロニョロと出てきて
> 気分が落ち込みましたが、その後、徐々に角栓が出なくなりました。
>
> まだ化粧水をつけていた頃は、洗顔後40秒以内に化粧水を
> つけないと乾燥してカピカピになっていたので、
> 3度づけをしてました。
>
> しかし、今は洗顔後に何もつけなくても乾燥を感じません。
>
> スキンケアをしない素肌でいることがこんなにも気持ちの
> いいものだったと、知りませんでした。これからも
> 何もつけないスキンケアを続けていきます。

*******************************

 ▼このメルマガでプロジェクトの進行状況を
 お知らせしております。

 今週は、質問多し・・・白髪染めの影響はと
 ステップ1のご報告(335)ステップ2のご報告(320)
 そして、好評・・・補助商品販売をお知らせしました。

 さて次号では・・・何をお知らせいたしましょうか?

 どうぞお楽しみに!

 ★プロジェクトへの感想・協力はこちらへ。
 こちらまで→https://jstcd.or.jp/contact/