☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2020/02/20━☆
       健康な素肌を取り戻す方法の研究と開発

      【非接触生活プロジェクト】

     第622号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

—- 今週は —-

 ・綿のマスクでコロナウイルスは防げる?
 ・嬉しいご報告!

 ・非接触生活サポートプログラム参加者募集中
 ・「非接触生活」補助商品販売

 ——————


☆————————————————————☆
 綿のマスクでコロナウイルスは防げる?
☆————————————————————☆


 ▼ガーゼタイプの感染予防率?

 コロナウイルスの感染を受けて、
 マスクが品薄の状態が続いていますね。
 Kさんがご質問をくださいました。


 Q.コロナウイルス対策は?

 コロナウイルスが流行っていますが、牛田様が
 推奨されるマスク(ガーゼタイプ)は、
 不織布に比べると拡散率や感染の予防率が
 おちるということがネット等に書かれていますが、
 牛田様や白木様はどうされていますか?



 A.そもそもマスクの予防効果は薄いようです。

 インフルエンザウイルスと同様に、
 コロナウイルスは口、鼻の粘膜だけでなく
 眼の粘膜からも感染します。

 そのため、鼻と口を覆うだけの
 マスクはそもそもウイルス予防としては
 効果が薄いものです。




 ■世界的に見るマスクの使用は


 WHOでは、「マスクで新型コロナウイルスの
 感染は防ぐことができますか」の
 質問に対し、次のように回答しています。


 「市販のマスク単体では感染を防げません。
 WHOは特別な場合に限り、マスクの使用を
 推奨しています。

 咳や鼻水の症状があり呼吸が苦しい場合は、
 マスクをして医療機関に行くこと。

 そのような症状がない場合はマスクを
 する必要はありません。

 なぜならば、マスクが健康な人の感染予防に
 有効というエビデンスがないからです」


 ※参照:
 WHO Coronavirus disease (COVID-19) advice for the public
 https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/advice-for-public


 くしゃみや咳が出る場合は、
 綿のマスクでも飛沫の飛散を防げますので、
 他の人に感染させないという意味では
 ある程度は有効だと思われます。

 ただ、風邪などでも症状がある場合は、
 マスクをして出かけるのではなく、
 家で安静にするのが公衆衛生上は
 一番大切なことですね。




 ▼測定カウンセリングお休み

 測定カウンセリングは、新たな展開の
 準備のためしばらくお休みいたします。
 準備が整い次第再開を予定しております。




☆————————————————————☆
 嬉しいご報告!
☆————————————————————☆


 ▼実践サポートプログラムに参加中のみなさんのご報告

 サポートプログラムには8つの生活習慣の完全達成に
 チャレンジする「ラーナー」、3か月間実践する
 「トレーニー」の段階があります。

 開始後3週間のアンケートや経過のご報告メールを
 紹介いたします。



 60代 女性 千葉県(ラーナー)


> 毎日が快適です。お肌や髪の手入れに
> かける時間や予算が減り嬉しいです。
> 主人は湯シャンにしてフケがなくなって
> 喜んでおります。




 30代 女性 埼玉県(2019年9月スタート)


> 非接触生活を続けて顔が快適になりました。
> 常にベタつきや乾燥を感じて、触り心地も
> ゴワゴワザラザラしていたのですが、
> だいぶなくなってきました。
>
> 肌の状態が落ち着いてきたのか、最近は
> 無意識に顔にさわることもなくなりました。
>
> 今にして思えばずっとむずむずする
> 感じあったんだと思います。
>
> その感覚があるのが当たり前だったので、
> 顔に何も感じないのが快適です。
>
> 治らないと思っていたニキビ跡のクレーターも
> とてもゆっくりではありますが皮膚が
> できてきていると感じます。






 ▼このメルマガでプロジェクトの進行状況を
 お知らせしております。

 ★プロジェクトへの感想・協力はこちらへ。
  https://jstcd.or.jp/contact/