☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2019/06/06━☆
       健康な素肌を取り戻す方法の研究と開発

      【非接触生活プロジェクト】

     第592号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

—- 今週は —-

 ・普段の紫外線対策はどこまで?
 ・嬉しいご報告!

 ・非接触生活サポートプログラム参加者募集中
 ・「非接触生活」補助商品販売
 ・編集後記

 ——————

☆————————————————————☆
 普段の紫外線対策はどこまで必要?
☆————————————————————☆

 ▼フェイスマスクやサングラスは

 日常生活では日焼け止めを使わない
 紫外線対策をしましょうとお伝えしています。

 どこまでの対策が日常生活では
 必要なのでしょうか。Yさんがご質問を
 お送りくださいました。

 Yさん(抜粋)
 ━━━━━━━━━━━━━━━

 私は普段の紫外線対策では日傘をさし、
 体は全て服で覆っているスタイルをしています。

 また美容熱心な友人が帽子に
 サングラスのスタイルをいつもしております。

 私もサングラスが気になり探しておりましたが、
 日傘にサングラスはした方がいいのでしょうか?

 また、この前南国のリゾートに行った時
 黒くなりたくないので日傘にシルクの
 マスクをしてその上から完全遮光の
 マスクをしておりましたが

 帰ってきてから顔が真っ赤になり
 あれてしまい二週間過ぎていますが
 まだヒリヒリします。

 色々書いてしまいましたが、
 フェイスマスクとサングラスはどんな時
 必要かと言うことが知りたいです。

 ━━━━━━━━━━━━━━━

 もともと黒色や茶褐色の目には、
 紫外線から目を守る機能が備わっています。
 日本人の目は紫外線には強いのです。

 日傘がさせるならサングラスは必要ないでしょう。

 ■遮光マスクの使用は

 UVカットマスクもさまざまな種類が
 ありますが、強い加工がされているものが
 多くあります。

 日傘がさせる環境なら
 マスクはしないほうがよいでしょう。

 日傘や長袖の衣類、日陰を利用したり、
 紫外線の強い時間帯の外出を避けるなどで
 対策をしてくださいね。

 ▼測定カウンセリングお休み

 測定カウンセリングは、新たな展開の
 準備のためしばらくお休みいたします。
 準備が整い次第再開を予定しております。

☆————————————————————☆
 嬉しいご報告!
☆————————————————————☆

 ▼実践サポートプログラムに参加中のみなさんのご報告

 サポートプログラムには8つの生活習慣の完全達成に
 チャレンジする「ラーナー」、3か月間実践する
 「トレーニー」の段階があります。

 開始後3週間のアンケートや経過のご報告メールを
 紹介いたします。

 50代 女性 静岡県(2019年4月スタート)

> パッと見、すっぴんでもなんとかなるかも‥
> なんて思いこむ毎日の中で、こうしてシミや
> ソバカスを写真に撮ると、落ち込んだりするわけで。
>
> でもこれがまぎれもない私の今の肌
> そのものなので、現実を受け止めつつ、
> 前向きに日々を送りたいと思います。

 50代 女性 岐阜県(2018年3月スタート)

> 手の甲のホクロがなぜか薄くなってきています。
> 顔は何もつけなくても変わらない、って
> ことが分かりました。
>
> もしかしたら薄くなっているのかもしれません。
> だから今までお金と時間をかけてパックを
> していたのは何だったのか。
>
> これからもずっと続けていきます。
> どんどん若返る気がしています。
> ありがとうございました!
>
> ほんとに楽です。何もしないのです。
> ASVCをつけるだけ。お金がかかりません。
> ぜひ若返りましょう。

*******************************

 ▼編集後記

 本日6日~9日まで、日本皮膚科学会総会です。
 プロジェクトスタッフが参加しています。

 ▼このメルマガでプロジェクトの進行状況を
 お知らせしております。

 ★プロジェクトへの感想・協力はこちらへ。
  https://jstcd.or.jp/contact/