☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2014/02/14━☆
       健康な素肌を取り戻す方法の研究と開発

               【非接触生活プロジェクト】

     第388号 発行者:シニアフェロー 牛田専一郎
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

 みなさん、こんにちは。
 シニアフェローの牛田専一郎です。

 前回は、よくある質問・・・お湯洗髪用ブラシについてと
 ステップ1のご報告(316)ステップ2のご報告(301)
 そして、好評・・・補助商品販売をお知らせしました。

 「牛田さん、[経営者対象/人材育成仕組み作り研修と社員対象

  /社内ビジネスマナーインストラクター研修]って何ですか?」

 白木さん、目ざといですね。
 知人が始める研修事業です。

 「牛田さん、人材育成に関心がありますね・・・今月から研修

  講師にお願いして社員研修が始まりましたし・・・熱心です」

 白木さん、目指してもらいますよ。
 人生経営の達人、人生の成功者を。

 「牛田さん、いつも言ってます・・・感謝、勤勉、工夫、謙虚

  貢献、カキクケコって・・・働くとは端を楽にすることなり

  ・・・世のために急ぐべからず誤魔化すべからずって(笑)」

 『非接触生活プロジェクト』は激しく稼動中のようです。

サポートプログラム・・・
☆————————————————————☆

        トレーニーの方からよくある質問

☆————————————————————☆

 ▼ASVCのよくある質問

 サポートプログラムに参加しているトレーニーの方から、
 ASVCについてのご質問が届いています。

 何回かメルマガでもお答えしたことがあるかもしれませんが、
 おさらいしてみましょう。
 

 50代女性
 ┌────────────────────────────
 | 
 | 【シミが目立ってきました】
 | 
 | 肌の状態は以前とは考えられないほど、良くなっています。
 | しかし、肌が白くなってきたからなのか、シミが
 | 目立ってきました。
 | 
 | そのうち、シミも薄くなると期待はしていますが、
 | このままか、もっと濃くなったらどうしよう?と
 | 不安になることもあります。
 | 
 | 温かくなり、紫外線が強くなってきたら、
 | このまま日焼け止めを塗らないで大丈夫かな?
 | との思いもあります。
 | 
 | しかし、もう以前のように肌に悪いものを塗る生活には
 | 戻りたくないので、非接触生活を続けていく覚悟
 | (強い思い)はあります。
 | 
 | 四季で肌がどのように変化するのかも知りたいので、
 | 1年間は実験観察のつもりで自分の変化を楽しみます。
 | 
 └────────────────────────────

 
 「日焼け止めを使っていないからかも」
 「これからもっと濃くなったらどうしよう」と
 不安になる方も多いのですが。

 シミが目立ってきたという測定フェローの方の
 数値や経過写真を見ると、開始時よりも赤みが
 減っていることがよくわかります。

 接触が無くなると紅斑値は直ぐ下がりますが、
 メラニン値は3週~4週遅れて下がります。

 一時的にシミが目立つのは、
 シミが薄くなるのは遅いのでやむを得ないことなのです。
 
 日焼け止めを使わなくても、接触が無ければ
 濃くなることはありませんのでご安心くださいね。

 コンシーラーを使ったり、
 ファンデーションで隠したりすると
 かえって肌に負担となり変化が現れにくくなります。
 
 気になる部分にはASVCのピンポイントパックをして
 焦らず続けてみてくださいね。

 40代女性
 ┌────────────────────────────
 | 
 | 【つけるときと落とすときの注意点?】
 | 
 | ASVCの使い始めは顔全体のかさつきが
 | 気になっていましたが、ぬるま湯の温度を
 | 低くすることで頬と眉間のみ目立つかな?って
 | くらいになってきました。
 | 
 | 頬にあったシミもASVCを使い始めて
 | さらに薄くなってきたように感じます。
 | 
 | ただ、ASVCを顔全体に伸ばす時にこすって
 | いるかもしれないことと、洗い流すときに落ちにくく
 | 洗いすぎかなと気になっています。
 | 
 | つけすぎなのか、ぬるま湯の温度が低くて
 | 落ちにくいのかいろいろチャレンジ中です。
 | 
 └────────────────────────────

 肌をこすることを気にされる方はとても多いのですが、
 皮膚の役割は体内を守ることですので、
 ちょっとした摩擦で肌が傷んでしまうことはありません。

 ASVCをつけるときや洗い流すときに
 肌を多少こすってしまっても大丈夫です。

 また、洗浄剤を使わなければ、
 お湯でどのくらい洗っても問題ありません。 

 冬場は室温が低くASVCが硬いと思いますが、
 少し使用前に手のひらで温めたり、暖かい部屋に出しておいたり
 するとよいでしょう。

 急がずゆっくりがコツですので。

 ▼オーガニックコットンバスタオル入荷のお知らせ

 バスタオルが在庫切れとなっておりましたが
 本日入荷いたしました。申し訳ございませんでした。

 現在はサウンドスタイルで通常通りご注文いただける
 状態となっております。

 ▼測定お休みのお知らせ

 2月16日の測定はお休みとさせていただきます。
 申し訳ございませんがご了承くださいませ。

ステップ1(ASVC22)・・・
☆————————————————————☆
 
          嬉しいご報告!(317)
 
☆————————————————————☆

 ▼ステップ1で8項目の完全実践にチャレンジ!

 このコーナーではステップ1のご報告を紹介いたします。

 8項目を完全に実践できると、ステップ1の期間中に、
 毛穴の開き、ニキビ、カサつき(乾燥)、赤み(炎症)、
 かゆみ、湿疹が治まります。

 治まらない場合は一次刺激性物質との接触が続いています。

 30代 女性 大阪府 

> 肌が乾燥してつっぱることがなくなりました。
> 始める前は、冬は顔にオイルを塗らないとキメが粗く
> パリッとした感じになり、ひどいときにはヒリヒリと
> 痛くなる状態でした。
>
> また顔色が全体的に明るくなった気がします。
> スキンケアをしていたときのくすみがとれたような感じです。
>
> お湯洗髪は、髪が長いのでブラッシングを丁寧にすることと、
> 手袋で細かく洗っていくという、先輩方のアドバイス通り
> 行っています。
>
> 以前にもお湯洗髪がいいという話を聞いてやってみたことが
> ありますが、その時はシャワーをかけながら
> 「ガラ紡布」の手ぬぐいでなんとなく洗うだけだったので、
> べたつきがとれず数回で挫折しました。
>
> 猪毛ブラシと、綿手袋は本当に欠かせないです。
>
> ASVC22は、送っていただいたのが1月7日でしたが
> すぐに写真が撮れなかったので、1週間後の14日に写真が
> 撮れてから使い始めました。
>
> 入浴前に顔に塗って、お風呂のついでに洗い流すという
> 使い方をしています。お風呂上がりの方が効き目が
> あるかと思ったのですが、入浴前の方がラクで
> 続けられそうだったので…。
>
> 塗る前は指定のペーパーで手を洗っています。
> 鼻の頭のザラザラが少しましになって、顔全体の手触りが
> なめらかになったような気がしますが、今のところ
> 特にシミの色や、気になっていた小鼻のキワの赤みは
> あまり変化がない感じです。
>
> 応募の半年前からASVC22を使わずになにもつけないに
> チャレンジしていたので、その間の変化の方が大きかったです。
>
> でもさらなる改善を目指して、ASVC22も使いながら
> これからも続けていきたいです。1週間後に実際に使い始めてから
> 2週間になりますので、また改めてご報告させて
> いただきたいと思います。

ステップ2(ASVC35)・・・ 
☆————————————————————☆

           嬉しいご報告!(302)

☆————————————————————☆

 ▼ステップ2期間のご報告!

 ステップ2開始後3週間のアンケートや
 経過のご報告メールを紹介いたします。

 たくさんのご協力をいただきありがとうございます!

 30代 女性 愛知県(2014年1月スタート)

> ASVC35を使い始めてから、かなりお肌が変わりました!
>
> くすみがだんだん無くなって、ツヤが出てきたように思います。
> ニキビの治りも早くなり、毛穴に詰まっていた角栓も
> 自然にとれていくようになりました。
>
> 順調に改善しているのが見えるので、日に日に楽しくなっています。

 30代 女性 大分県(2014年1月スタート)

> 当初化粧をしないことに抵抗ありましたが、
> すっかり慣れてしまいました^-^
>
> テカリや毛穴についてはすぐに効果を感じていたのですが、
> 20代のころから気にしていた目の下のたるみがそういえば
> 最近気になりません。非接触のおかげでしょうか。
>
> 赤み・痒み・ニキビは(悪化はしなくなったものの)時々できますが
> 非接触を続けていこうと思います。

*******************************

 ▼このメルマガでプロジェクトの進行状況を
 お知らせしております。

 今週は、サポートプログラム・・・トレーニーの方からよくある質問と
 ステップ1のご報告(317)ステップ2のご報告(302)
 そして、好評・・・補助商品販売をお知らせしました。

 さて次号では・・・何をお知らせいたしましょうか?

 どうぞお楽しみに!

 ★プロジェクトへの感想・協力はこちらへ。
 こちらまで→https://jstcd.or.jp/contact/