• HOME »
  • 早読み版

オリエンテーション

 こんにちは。
 皮膚臨床技術研究会のシニアフェロー、
 牛田専一郎です。

 明日より、「非接触生活」入門編、
 ラーナー(learner)講座が始まります。

 7日間(1日1回、全7回)のメール配信を通じて、
 化粧品・日用品の知識を交えつつ
 「非接触生活」の具体的な実践方法を
 お知らせしていきます。

 今回は、
 講座の概要をご案内する
 オリエンテーションをお届けします。






 ▼はじめに ~肌トラブルの原因は日常のなかに~


 私たちの身の回りは、
 安定性・低刺激性に優れた化粧品、
 洗濯を繰り返してもやわらかさの続くタオルや衣類、
 落ちにくい抗菌仕上げをした日用品など、
 快適性を追求したものであふれています。

 ところが、その快適性は
 すべての人にもたらされているわけではありません。

 残念ながら、化粧品や洗濯洗剤、
 さまざまな日用品に施されている抗菌加工や
 柔軟加工によって、
 肌に異常や変調をきたしてしまう人々がいるのです。

 多くの人は問題なく使用できているため
 その存在は見落とされがちですが。

 肌トラブルの原因を探るうえで
 『化粧品や日用品に、肌を傷める刺激物質が
 含まれている』という事実を無視することは
 できません。






 ▼ラーナー講座でお伝えしたいこと


 多くの人が当たり前のようにしている
 化粧、洗顔、入浴、洗髪、洗濯……。

 これらの行為の中に
 肌の健康を損なう要素が含まれていることを、
 「肌が弱い」「長期間肌トラブルに悩んでいる」
 という方に知っていただきたいと思っています。

 肌の変調は、身体から発せられたサインです。

 皮膚という器官のしくみ、
 皮膚生理についての知識を持つことで、
 自分の肌を守ることができます。

 これまで長期間、
 原因のわからない皮膚トラブルに悩んできた方、
 何をしてもよくならず希望を失っている方に、
 健康な素肌を取り戻し、
 笑顔で前向きに生活してほしい――。

 そんな願いを込めて、
 この講座をお届けいたします。






 ▼開講前に「予習」と「撮影」を


 サイト「非接触皮膚科学」で
 非接触生活の具体的な実践方法を紹介しています。

 ぜひ予習をしておいてくださいね。

 ☆非接触生活・8つの習慣
 http://hisesshoku-derm.com/contents/style/nanimo.php


 分からないことがあるときや、復習をしたいときは
 メールマガジン「秘密の皮膚科学」の
 バックナンバーをご活用ください。

 ☆創刊号から最新号まで、すべて掲載しています
 http://hisesshoku-derm.com/archives/02mm/


 8つの習慣がすべて達成できれば
 ラーナー期間のうちに
 毛穴、カサつき、炎症、かゆみ、ニキビ、くすみ、
 角化症が改善します。

 現在がどのような状態であっても
 肌は健康を取り戻すことができます。

 毎日鏡でご自分の顔を見ていると、
 変化に気づきにくいものです。

 今の状態を記録に残しておきたくないという
 思いがある方もスタート段階の写真があると、
 どのくらい肌が変化しているのか
 客観的に確認することができます。

 非接触生活を続ける励みにもなりますので、
 肌トラブルは改善すると信じて、
 ぜひ現在の写真を撮っておきましょう。





 ▼明日から7日連続の白熱講義。
  ご案内役はいつもの二人!


 「非接触生活」ラーナー講座は
  次のように進んでいきます。

 【第1講(1日目)】自分の肌の強さ、弱さを知る
 【第2講(2日目)】非接触生活、まず行なうこと
 【第3講(3日目)】見落としがちな
           間接接触について学ぶ
 【第4講(4日目)】仕上がりに差が出る
           お湯洗髪のコツ
 【第5講(5日目)】○○肌について学ぶ
 【第6講(6日目)】改善しない理由を探る
 【第7講(7日目)】非接触生活を楽しむ秘訣


 ご案内役を務めさせていただくのは、
 メルマガでもおなじみのコンビ、
 シニアフェローの牛田と、フェローの白木です。


 では二人から簡単に自己紹介を。


 ---- * ----- * ----- * ----- * ----- * ----- * ----- * ---

  ●牛田 専一郎(うしだ・せんいちろう)

  「みなさん、こんにちは。
   皮膚臨床技術研究会・
   シニアフェローの牛田です。

   長年コスメプロデュースに携わってきた私は
   肌と化粧品の専門家です。

   “肌の弱い人が、健康な素肌を取り戻すために
   知ってほしいこと”をお伝えする週刊メルマガ
   『秘密の皮膚科学』を配信しています。

   メルマガは2004年の創刊から
   淡々と続けてきました
   が、ラーナー講座ではそのエッセンスを
   ぎゅっと凝縮してお届けします!」


 ---- * ----- * ----- * ----- * ----- * ----- * ----- * ---

  ●白木 葉子(しらき・ようこ)

  「かつては寝ても覚めても化粧品!
   のコスメフリークでしたが
   牛田さんの助手になってから“美肌観”が
   徐々に変わり、今では私も
   非接触生活・実践者の一人です。

   みなさん、美しく健康な素肌を目指して
   明日からの一週間、
   一緒にがんばりましょう!」


  ☆二人の詳しいプロフィールはこちら。
   似顔絵付きです!
   http://hisesshoku-derm.com/archives/01about/profile.php

 ---- * ----- * ----- * ----- * ----- * ----- * ----- * ---

【第1講(1日目)】自分の肌の強さ、弱さを知る

 こんにちは。
 皮膚臨床技術研究会のシニアフェロー、牛田専一郎です。


 「こんにちは、フェローの白木です。

  ラーナー講座、いよいよ始まりましたね。
  みなさん、よろしくお願いします!」


  第1講は、肌の強さ・弱さについて。

  まずはご自分の肌を知ることから
  始めましょう。






 ▼あなたの肌は強い? 弱い?


 こちらのページで
 あなたの肌の強さをチェックしてみましょう。

   ↓  ↓  ↓  ↓

  【肌の強さ診断チャート】
  http://hisesshoku-derm.com/archives/03self-check/skin_check/type.cgi


  *肌の強さを次の4段階で判定します。

  (A)角質層のバリア力の強い肌です。
  (B)比較的バリア力の強い肌です。
  (C)比較的バリア力の弱い肌です。
  (D)角質層のバリア力の弱い肌です。



 さて、診断結果はいかがでしたか?

 (C)または(D)だった方は
 “弱い肌”の持ち主です。

 現在、ニキビ・シミ・シワ・肝斑・皮膚炎・角化症・乾癬(かんせん)
 などの症状がある方も、このタイプに入ります。






 ▼非接触生活がよい、2つの理由


 何か言いたくてウズウズしている白木さん。
 質問があれば、どうぞ!


 「肌の弱い人=非接触生活をする必要がある人、
  ということでしょうか?」


 そうです。

 肌の弱い人に、非接触生活を
 おすすめする理由は2つあります。


 (1)本来、皮膚は何もつけなくてよい臓器であるから。
 *--------------------------------------------------------*

  健康な肌には、自ら潤いを保ち、
  体内を守るバリア機能が備わっています。
  つまり、そもそも皮膚は何かをつける必要がない
  臓器なのです。



 (2)シャンプー・リンス、化粧品、消臭剤などの
    日用品には一次刺激性物質が含まれているから。
 *--------------------------------------------------------*

  基礎化粧品、メイク用化粧品、洗浄剤などには
  一次刺激性物質が使われています。

  「一次刺激性」とは
  炎症作用があり、タンパク変性作用があること。
  生きている細胞が接触すると、
  誰にでもトラブルが起こります。






 ▼肌の性質は、十人十色


「一次刺激性物質の影響を受けて
 肌が傷んでしまう人がいる一方で、
 毎日のようにシャンプーやメイクをしていても
 キレイな肌の人もいますよね。

 これは一体どういうことなんでしょうか?」


 まだ解明されていないことも多いのですが、
 肌の強さ・弱さには大きな個人差があるのです。

 肌の強い人にとっては、
 化粧品や日用品の影響を受けてしまうほど
 肌の弱い人がいるなんて、思いもよらないことでしょう。

 肌の角質層は、死んだ細胞の角質を何層も重ねて
 その隙間を細胞間脂質で接着しています。

 肌の弱い人は、その接着力が弱く
 刺激や変性の影響を受けやすいのかもしれません。

 ひとくちに“肌の弱い人”と言っても
 その性質は人それぞれで、
 同じ一次刺激性物質に触れていても
 トラブルが局所的に出る人がいれば、
 全身に出てしまう人もいます。

 また、トラブルが起こるタイミングも

  ・角質層のバリア力が弱く1年中刺激に弱い人
  ・1日の気温差が激しくなる季節の変わり目に弱い人
  ・ストレスや体調によって刺激に弱くなる人

 といった具合に、人によってまちまちです。






 ▼肌の強さは変えられる?


 「肌を強くすることができたらいいのにな。
  そんなことは可能でしょうか?」


 残念ですが、
 肌の強さは生まれつきのもの。

 肌の弱い人が、
 肌の強い人になることはありません。

 ただ、肌の弱い人も
 一次刺激性物質との接触を断つことさえできれば、
 トラブルが改善するだけでなく、その先もずっと
 きれいな素肌を保つことができます。

 生まれつきの肌の強さが変わらないことに
 がっかりしてしまう方もいるかもしれませんが……

 肌が弱いからこそ、
 これまでの繕った美しさから卒業して
 素肌と内面の“真の美しさ”に向き合うチャンスを得ている。

 そんな風に考えると、ワクワクしませんか?

 楽しく、前向きに生活していきましょう!




【第1講のポイント】
 ●皮膚は、何もつけないことで
  健康を保つことができる器官です。

 ●肌の弱い人は、日常生活にあふれる一次刺激性物質を
  肌に接触させないことで
  健康な素肌を取り戻すことができ、
  その後も健康な素肌を維持することができます。


 本日の講義はここまで。

 ではみなさん、また明日お会いしましょう。

 第2講は『非接触生活、まず行うこと』
 をお届けします。

【第2講(2日目)】非接触生活、まず行なうこと

 こんにちは。
 皮膚臨床技術研究会のシニアフェロー、牛田専一郎です。

 昨日お届けした第1講では、
 肌の強さ・弱さについてお話しました。

 みなさんの肌はどちらのタイプだったでしょうか?


 「こんにちは。白木です。

  今日からいよいよ、
  非接触生活の実践方法に入りますよ~!」






 ▼『非接触生活』とは


 非接触生活とは、

 “肌の弱い人が、一次刺激性物資との接触を断って
  健康な素肌を取り戻すための生活習慣”のこと。

 以下8つの実践項目があります。


 【非接触生活・8つの習慣】

(1)基礎化粧品、シャンプー・リンスを使用しない

(2)肌にトラブルのあるときはメイクをしない
  (メイクが必要なときは
   お湯と手ぬぐいのみで落とせる程度に)

(3)日常生活では日焼け止めを使わない

(4)顔、身体、髪、手は水またはお湯のみで洗う

(5)肌に触れる衣類や寝具は指定の洗剤で洗う

(6)抗菌剤配合の浴槽用洗剤や、
   除菌・消臭スプレーを使用しない

(7)クリーニングに出した衣類や寝具は
   直接肌に触れないようにする

(8)日常的に手で顔や髪に触らない


  ☆各項目の詳しい解説はこちらでどうぞ。
   http://hisesshoku-derm.com/contents/style/nanimo.php



 「8つの項目がズラリと並ぶと
  なんだか圧倒されちゃいますね~」


 いずれはすべてを実践していただきたいのですが、
 8項目を同時に始めるのは難しいかもしれません。

 そこで今回は、
 “すぐに始めてほしい2つのこと”
 をご紹介します。






 ▼すぐに始めてほしいこと・その1
  ーー 衣類や寝具を指定の洗剤で洗う ーー


 8つある習慣のうち、
 『洗濯洗剤を指定のものに切り替えること』
 が後回しになりやすいようです。

 皮膚臨床技術研究会では、
 衣類・寝具用の洗剤として
 ライオンの「トップクリアリキッド」または
 サウンドスタイルの洗濯用洗剤・中性洗剤を
 指定しています。

 上記以外の洗濯洗剤で洗った布地には
 柔軟剤や抗菌剤、遊離脂肪酸などが残留しており、
 肌を傷める原因となります。

 衣類や寝具は、長い時間、素肌に触れるもの。
 その影響は意外にも大きく
 顔の赤みやニキビ、身体のかゆみ
 などの症状となって現れることも。

 使用中の洗剤を使いきってから……ではなく、
 今すぐにサウンドスタイルの洗剤、または
 「トップクリアリキッド」に切り替えましょう。

 指定以外の洗剤で洗ったもの、新品のものは
 指定の洗剤で2回以上洗濯をしてから
 使用・着用しましょう。






 ▼洗濯洗剤を指定する理由


 「トップクリアリキッドやサウンドスタイルの洗剤を
  指定しているのは、なぜですか?」


 市販されている液状の洗濯洗剤の中で

  ◎柔軟剤・蛍光増白剤・抗菌剤を使用していない
  ◎石けんや油脂由来の界面活性剤を使用していない

 という2つの条件を満たすものは、現在のところ
 トップクリアリキッドとサウンドスタイルの
 洗剤しかないからです。


 「指定の洗剤にも界面活性剤が
  含まれているようですが……?」


 たしかに、界面活性剤は
 肌を傷める一次刺激性物質のひとつです。

 白木さんが不安に思うのも分かりますが、
 洗濯洗剤は布地につけた後、
 水で洗い流してしまうもの。

 肌に直接つけるものではありませんから、
 界面活性剤が含まれていても大丈夫なのです。

 皮脂などの汚れや
 布地に付着した柔軟剤や抗菌剤を落とすための
 洗浄力を確保するには界面活性剤は欠かせない成分です。






 ▼石けんは肌にやさしい?


 「いま石けんで洗濯している方も、
  指定の洗剤に切り替えなくてはいけませんか?」


 石けんは肌にも、環境にもやさしい。
 というイメージを持っている方も多いと思いますが、
 石けんもれっきとした合成界面活性剤です。

 家庭用品品質表示法の中で
 「合成洗剤」と「石けん」を区別して表示しているため、
 石けんは界面活性剤でない、
 という誤解が生まれやすいようです。

 石けんで洗濯をすると、
 炎症起因物質である脂肪酸が布地に残留し、
 肌の弱い人は 触れた部分にトラブルを
 起こすことがわかっています。

 石けんカスは洗濯槽にも付着しているため、
 かつて石けんで洗濯していた先輩フェローからは
 指定の洗剤に切り替えた後も肌トラブルが続いた、
 というご報告が寄せられています。

 石けんで洗濯していた方は
 洗剤の切り替えと同時に、
 洗濯槽の洗浄も行いましょう。

 その作業をプロの業者さんにお願いした方や、
 洗濯機を買い換えた方もいます。


 脂肪酸については、こちらで詳しくお話しています。

  ☆第232号 満を持して?『脂肪酸と炭素数』の秘密
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2010/04/232.php





 ▼すぐに始めてほしいこと・その2
  ーー 洗浄剤の使用をやめ、水・お湯で洗う ーー


 健康な肌では、皮膚常在菌が
 悪性菌の繁殖を抑制しています。

 ところが、洗浄剤を使用すると
 皮膚常在菌のバランスが崩れて、
 皮膚は正常なバリア力を保てなくなってしまいます。

 顔、身体、髪、手は
 水またはお湯だけで洗いましょう。

 どの部分を洗うにも、
 秘密の手ぬぐいで軽く拭うだけで
 充分に汚れを落とすことができます。


 お湯洗髪の方法はこちらをご参考になさってください。

  ☆お湯洗髪成功レポート
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2007/03/post-14.php






 ▼成功の秘訣は「8項目をすべて実践」!


 第2講では
 “すぐに始めてほしい2つのこと”について
 お話しました。


 「この2つができれば安心……
  ではないんですよね?」


 ええ。
 この2つは“取っ掛かり”に過ぎません。

 非接触生活を成功させるポイントは
 8つの生活習慣をすべて実践することです。

 “できるものだけ行う”というやり方は
 肌の弱い方には意味がありません。

 1つでも刺激物質に接触していると、
 非接触生活を始める前より
 悪化したように感じてしまうこともあります。

 【全項目を実践できたときから肌の変化が始まる】。
 
 このことを、覚えておいてくださいね。




 【第2講のポイント】

 ●洗濯洗剤の切り替え、衣類・寝具の
  洗い直しは今すぐに!

 ●洗濯石けんを使っていた場合は、
  洗濯槽の掃除も必須です。

 ●皮膚常在菌のバランスを保つために
  洗浄剤の使用をストップしましょう。



 本日の講義はここまで。

 ではみなさん、また明日お会いしましょう。

 第3講は『見落としがちな間接接触について学ぶ』
 をお届けします。

【第3講(3日目)】見落としがちな間接接触について学ぶ

 こんにちは。
 皮膚臨床技術研究会のシニアフェロー、
 牛田専一郎です。

 昨日お届けした第2講では、
 “まず始めてほしい2つのこと”
 ついてお話しました。

 白木さんも
 非接触生活・実践者のひとりですが
 8つの習慣のなかで苦労した項目はありますか?


 「今も難しいと思っているのは
  8つめの【日常的に手で顔や髪に触らない】です。

  気をつけているつもりでも、ついつい
  無意識のうちに触ってしまうんですよね~」






 ▼触ってはいけない、その理由


 白木さんが苦戦しているという
 【日常的に手で顔や髪に触らない】。

 この項目を生活習慣のひとつに加えている理由は
 私たちの身の回りには、
 肌を傷める原因となる一次刺激性物質が
 あふれているからです。

 最近では、ソファなどの家具やパソコンなどの
 オフィス用品、衣類や寝具、文房具にいたるまで
 ほとんどのものに抗菌・柔軟仕上げがされています。


 「非接触生活を実践しているつもりでも、
  日常生活で無意識に触れているものに
  一次刺激性物質が付着しているのですね……」


 ええ。

 目には見えませんが
 私たちの手にはいつも一次刺激性物質が付着している、
 といっても過言ではありません。

 その手で
 そのまま自分の顔や身体に触ると
 肌の弱い方はトラブルが起きてしまうことがあるのです。

 このように、
 なにかを介して一次刺激性物質に触れてしまうことを
 【間接接触】といいます。






 ▼顔や髪を触る前に、手洗いを


 肌の弱い方の場合、
 一次刺激性物質が付着した手で髪に触り、
 その髪が顔にすこし触れただけで
 赤みが出たり、ニキビができたりすることも。

 無意識のうちに行動が多いので
 気をつけるのが難しいのですが、
 一次刺激性物質が付着したままの手で
 顔や髪に触れないことを徹底しましょう。

 手で顔や髪に触れるとき(洗顔や洗髪をするときも)は、
 手についた一次刺激性物質を落としてから。

 スターターセットのペーパータオルや手ぬぐいで
 流水のもと、手をぬぐうようにして洗いましょう。


 手の洗い方は、こちらのページをご参考に。

  ☆(8)日常的に手で顔や髪を触らない
    [手に付着した一次刺激性物質の落とし方]
   http://hisesshoku-derm.com/contents/style/nanimo08.php






 ▼家族と同居している方は「浴室」に注意


 自分は非接触生活をしていても、
 家族が石けんやシャンプーを使っていたり
 浴室を抗菌剤配合の浴用洗剤で掃除していたりすると、
 浴室が間接接触をしやすい場所になります。


 「お風呂で間接接触をしているかどうか、
  確かめる方法はあるのでしょうか?」


 お風呂上りの肌に
 赤みやカサつきが出ている場合は、
 入浴時に接触しているということです。


 蛇口には石けんやシャンプーなどの
 一次刺激性物質が付着しています。
 蛇口をひねった手でそのまま顔や髪を
 触らないようにしてくださいね。

 また、浴槽に腕を接触させていると
 毛孔性角化症が悪化します。
 家族と共用の洗面器や
 タオルにも注意しましょう。


 今回お話したことは
 どれもこれも、とても些細なことに
 思えるかもしれませんが……

 間接接触をしないよう気をつけて生活してみると、
 その効果が意外なほど大きいことが分かるはずです。

 多くの方が悩んでいる“毛穴の開き”も改善しますよ。




 【第3講のポイント】

 ●家具や文具、他人の衣服や髪との
  接触により、自分の衣服や手には
  一次刺激性物質が付着しています。

 ●特に、手には日常的に抗菌剤や柔軟剤が
  付着しています。

 ●顔や髪に触れる前に、必ず
  手に付着している一次刺激性物質を
  落としましょう。



 本日の講義はここまで。

 ではみなさん、また明日お会いしましょう。

 第4講は『仕上がりに差が出るお湯洗髪のコツ』
 をお届けします。

【第4講(4日目)】仕上がりに差が出るお湯洗髪のコツ

 こんにちは。
 皮膚臨床技術研究会のシニアフェロー、
 牛田専一郎です。

 今日は【お湯洗髪】についてお話します。

 シャンプーをする生活から
 シャンプーをしない生活への移行。

 これができるまで
 試行錯誤する方も多いようですが
 白木さんはいかがでしたか?


 「自分なりのやり方を確立するまで
  ちょっと時間がかかりましたけど、
  いろいろ工夫する過程も面白かったです。

  みなさん、お湯洗髪をマスターすると
  髪がしっとり、さらさらになりますよ~!」


 今日は、お湯洗髪の基本と
 気持ちよく仕上げるコツをお伝えしましょう。






 ▼まずは基本をおさえましょう


 【基本の洗髪方法】
  --------------------------------------------------------

 (1)獣毛のブラシで髪をよくブラッシングします。
    梳かす方向を変えながら、念入りに
    ブラッシングすることがポイント。

 (2)綿手袋を両手にはめます。

    シャワーヘッドを手に持ち、
    地肌近くに強めにお湯を当てながら、
    地肌と髪の根元を丁寧に洗っていきます。

    片手で髪を持ち上げ、そこに綿手袋をした
    もう一方の手を差し入れるようにすると、
    地肌まで洗いやすくなります。

    シャワーを当てる位置を少しずつ移動させながら、
    まんべんなく洗います。

 (3)綿手袋をはめた手で、
    毛先まで梳かすように洗いましょう。
    髪に付着している柔軟剤、
    抗菌剤などを落とします。

 (4)すすぎはシャワーで充分時間をかけ、
    指で髪を梳かすようにしながら行います。

 (5)タオルでよく水分をとり、
    すぐにドライヤーで乾かしてください。






 ▼仕上がりに差がつく、5つのコツ


 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 ◆【コツ・その1】洗髪前に念入りなブラッシングを!
 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

   まずは獣毛のブラシで
   髪の根元からブラッシングをします。

   念入りとはどれくらい?
   というご質問をよくいただきますが、
   “上から下から、向きを変えて100回ずつ”が目安です。


 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 ◆【コツ・その2】お風呂でよく身体を温めましょう
 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

   髪を洗う前に、湯船に浸かりましょう。

   暑い季節はシャワーで済ませてしまいがちですが、
   身体を温めておくことで
   地肌の汚れが落ちやすくなります。


 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 ◆【コツ・その3】髪を分けて少しずつ、まんべんなく
 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

   シャンプーを使っていたときと同じように
   一気にゴシゴシとこすり洗いをすると
   ベタつきやにおいが残ってしまいます。

   髪を少しずつ分けて、
   強めのシャワーを当てながら
   頭皮をまんべんなく洗っていきましょう。

   綿手袋をした指先で頭皮のベタつきを確かめながら
   2往復くらい、少しずつ洗っていくとよいでしょう。

   それでもまだベタつく場合は
   往復回数を増やしてみてください。
   強くこする必要はありません。


 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 ◆【コツ・その4】手櫛で、根元から髪を梳かすように
 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

   髪の根元から、綿手袋をした手で
   梳かすように洗いましょう。

   地肌や髪についた一次刺激性物質を
   綿手袋に付着させて落とします。

   ベタつきがちな髪の根元をしっかり洗うと
   仕上がりが変わってきます。


 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
 ◆【コツ・その5】新しい綿手袋をして、
          髪を乾かしましょう
 -=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

   ドライヤーで乾かすときも綿手袋をしましょう。
   髪に残っているベタつきを取ることができます。

   洗髪に使った綿手袋には
   一次刺激性物質が付着していますから、
   新しい手袋を使いましょう。

   なお、日常生活で頭皮が一次刺激性物質に
   触れていると、
   なかなかベタつきが治まりません。

   お湯洗髪をしばらく続けているのに
   ベタベタする・においが気になる、という場合は
   寝具(抗菌加工がしてありませんか?)や
   帽子(UV加工がしてありませんか?)
   を確認しましょう。






 ▼お湯洗髪、よくある2つの質問



 ■Q1.お湯洗髪を始めたら、
     髪がパサつくようになったのですが?


 →→→ A.お湯洗髪によって、
       髪の傷みがあらわになったのです。
 ------------------------------------------------------------

  リンスやトリートメントをしたあとに
  髪がツルツルとした手触りになるのは、
  髪の表面がコーティングされているから。

  お湯洗髪ではこのコーティングをしないため
  洗髪後は、あなたの髪本来の“素”の状態になります。

  お湯洗髪後の髪がパサついているときは
  一次刺激性物質との接触により、髪そのものが
  タンパク変性を起こして傷んでいるということ。

  髪は死んだタンパク質でできていますので、
  一度傷んでしまうと修復はできません。

  シャンプーやカラーリングで
  傷んだ部分はカットして、
  健康な髪が伸びるのを待ちましょう。




 ■Q2.髪を乾かしていると、手袋が汚れます。
     汚れが落ちていない?


 →→→ A.“汚れ”の正体は新陳代謝の一部です。
        心配ありません!
 ------------------------------------------------------------

   綿手袋についた“汚れ”に見えるものの正体は
   地肌の皮脂や剥離した角質です。

   先ほどご紹介したお湯洗髪のコツを実践することで、
   これらの“汚れ”を減らすことができます。

   ただし、これは自然現象であり代謝の一部ですので、
   まったく出なくなるということはありません。

   ベタつきやかゆみが気にならないようであれば
   しっかりとお湯洗髪ができている証拠です。
   “汚れ”に見えるものが出ていても
   気にすることはありません。

   洗髪前後のブラシやくしに付着する
   “汚れ”も、これと同じものです。

   詳しくはこちらで解説しています。

    ☆第151号 お湯洗髪のせい?
    『クシが汚れる理由』の秘密
     http://hisesshoku-derm.com/archives/2008/06/151.php






 ▼お湯洗髪は、あせらず、じっくりと。


 今日はお湯洗髪についてお話しました。

 白木さんも、最初のうちは
 上手くいかなくて……と、ぼやいていましたっけ。


 「シャンプーをつけてゴシゴシ洗って
  ザッと流す!
  という長年の習慣から
  なかなか抜け出せなかったんです。

  でも、落ち着いて
  ゆっくり時間をかけるようになってから
  すっきり、キレイに洗えるようになりました」


 そうですね。

 お湯洗髪・成功の秘訣は
 “ひと手間かけて、やさしく丁寧に!”です。


 肌の弱い方が
 シャンプー・リンス・コンディショナー・クレイなど
 (なかには界面活性剤不使用を謳うものも
  ありますので、ご用心)
 を使うと赤みやカサつきの原因となります。

 モニタリングのアンケートでは
 お湯洗髪を始めて1ヶ月未満の方の約8割が
 『スムーズに移行できる』『すでにできている』と
 回答しています。

 まずは1ヶ月を目標に、続けてみましょう。




 ☆お湯洗髪方法について、
  くわしくはこちらでどうぞ。
  先輩フェロー達のあみだした方法も
  ご紹介しています。

  お湯洗髪成功レポート
  http://hisesshoku-derm.com/archives/2007/03/post-14.php




 【第4講のポイント】

 ●お湯洗髪は、ひと手間かけて丁寧に。

 ●思考錯誤を楽しむ余裕を持ちましょう。



 本日の講義はここまで。

 ではみなさん、また明日お会いしましょう。

 第5講は『○○肌について学ぶ』
 をお届けします。

【第5講(5日目)】○○肌について学ぶ

 こんにちは。
 皮膚臨床技術研究会のシニアフェロー、牛田専一郎です。

 昨日は、お湯洗髪についてお話しましたね。

 今日は、具体的な実践方法はひと休み。

 一般的によく言われる“乾燥肌”“脂性肌”などの
 分類についてお話します。

 ところで白木さんのお肌は?


 「コスメフリークだった頃、
  デパートの化粧品売り場でカウンセリングを受けると
  “乾燥肌”って診断されてました」






 ▼『肌質』が意味するもの


 かつて白木さんも店頭で指摘されたという『肌質』。

 生まれもった肌質のような響きがありますが、実際は
 一次刺激性物質との接触によって肌に現れている
 『トラブルの状態』を分類しているだけなのです。

 カサついているから、たっぷり保湿をしましょう。
 ベタついているから、丁寧に洗顔をしましょう。

 というように肌を分類し
 解決法を提示することで
 カウンセリングがしやすくなる。

 つまり、化粧品が売りやすくなるというわけです。


 「牛田さん、身もフタもなさすぎます……」


 びっくりする方もいらっしゃるかもしれませんが
 これが現実です。






 ▼“○○肌用のスキンケア”に走る前に


 同じものに接触していても
 カサついたり、ベタついたり、ニキビができたりと
 人によって反応の現れ方はさまざまです。

 安易に“○○肌用のスキンケア”に走る前に、
 なぜ肌トラブルが起きているのか。
 その原因を突き止めましょう。



  ◎肌がカサついている場合(一般にいう“乾燥肌”の方)
  -------------------------------------------------------

   肌がカサカサしているときは
   角質の異常剥離が起こっています。

   これは一次刺激性物質と接触している
   “証拠”でもあります。

   よかれと思ってつけている保湿剤が
   かえって何かをつけずにはいられない乾燥感を
   引き起こしているのです。

   洗顔料やシャンプー・リンスの使用をやめ、
   一次刺激性物質の残留した衣類・寝具・タオルなど
   肌を傷めるものとの接触を避けましょう。

   クリームや乳液の使用はやめていても、
   保湿をしないとシワになるという不安から
   オイルなど“肌にやさしい”といわれるもので
   保湿をしている方もいらっしゃいますが、
   これらも一次刺激性物質です。

   肌の弱い方にとっては
   けっして“やさしい”ものではありません。




  ◎肌がベタついている場合(一般にいう“脂性肌”の方)
  -------------------------------------------------------

   お湯だけではベタつきがとれない、
   石けんを使わないと皮脂がたまってしまう。

   こんな場合は、洗浄剤の使用が
   かえって過剰な皮脂分泌を促進させています。

   洗顔料やシャンプー・リンスの使用をやめ
   一次刺激性物質の残留した衣類・寝具・タオルなど
   肌を傷めるものとの接触を避けることで、
   すぐに過剰な皮脂分泌は治まっていきます。






 ▼肌トラブルの症状は人それぞれ


 先ほどもお話しましたが、
 一次刺激性物質との接触によって起こる
 肌トラブルの症状には個人差があります。

 同じものに触れていても
 ベタつく人、カサつく人、その両方が出る人。
 毛穴が広がる人がいれば、黒ずむ人も。

 トラブルが現れる部位もさまざまで
 顔だけに出る人、身体だけに出る人、頭皮にも出る人、
 全身に出てしまう人もいます。

 また、トラブルが起こる時期も
 季節の変わり目だけ、生理前だけ、夏だけ……
 というように、人それぞれです。


 「私が乾燥肌と診断されたのは、
  化粧品や洗浄剤などの刺激物質に
  日常的に触れることで
  肌がカサついていたからなんですね」






 ▼皮膚のしくみは誰でも同じ


 今回は、一般的によく言われる
 “○○肌”などの分類についてお話しました。

 カサつきがちだから乾燥肌、
 ベタついているから脂性肌。

 というように、
 生まれつきそうだったかのように
 ご自分の肌質を捉えてしまいがちですが
 カサついているのも、ベタついているのも、
 一次刺激性物質と接触しているから。

 生まれたときから
 乾燥肌・脂性肌だった人はいないのです。

 今回お話したように、
 肌トラブルの起こる部位や症状には個人差があります。

 しかし、皮膚の生理・構造は誰もが同じです。

 なぜカサついているのか、
 なぜベタついているのか。

 皮膚のしくみを正しく理解して、
 トラブルの原因を考える習慣を持ちましょう。





 【第5講のポイント】

 ●生まれつきの
  “○○肌”はありません。

 ●接触によって起こるトラブルの症状は
  人によって異なります。
  また、トラブルの起こる部位にも
  大きな個人差があります。




 本日の講義はここまで。

 ではみなさん、また明日お会いしましょう。

 第6講は『改善しない理由を探る』
 をお届けします。

【第6講(6日目)】改善しない理由を探る

 こんにちは。
 皮膚臨床技術研究会のシニアフェロー、牛田専一郎です。


  『非接触生活・8つの習慣を実践しているけれど
   なかなか肌の状態が良くならない』

  『始めた頃は順調だったけれど、
   最近また調子が悪くなってしまった』


 といったご相談をいただくことがあります。

 体調に波があるように、
 肌の調子もいつも一定ではありません。

 今日は“肌の調子が良くない理由”を
 自分で見つける方法を学びます。






 ▼1日の流れを書き出す【リストアップ方式】


 「がんばって8項目を実践しているのに
  肌の状態が良くないと
  ガッカリしちゃいますよね……」


 白木さんも、
 気分が沈んでいたことがありましたね。

 そんなときは、落ち着いて
 1日の流れを紙に書き出してみましょう。

 朝目覚めてから夜眠るまでの行動を
 つぶさに振り返ることで、
 見えてくるものがあるはずです。


 ではこれから、あるフェローが
 実際に書き出したメモをご紹介します。

 不調の原因がどこにあるのか、
 考えながら読んでくださいね。

 —- * —– * —– * —– * —– * —– * —– * ——- * —– *

  1.<通勤>
    一度クリアリキッドで洗ったコートと
    耳あてを着用。
    防寒用の手袋には消臭、
    抗菌加工が施されている。

  2.<仕事>
    電話対応をしている。
    左耳の上側にニキビが繰り返しできる。

  3.<洗髪>
    プラスチックのブラシを2本使用。
    自分専用の洗面器で
    クリアリキッドを使って毎日洗っている。

  4.<就寝>
    シルク配合で手荒れを予防する手袋を着用。

  5.<その他 その1>
    シャンプーを使っている家族と
    ドライヤーを共用。
    ドライヤーの持ち手にシャンプーの
    シリコンなどが付着し、
    それを触った手で髪に触るという
    間接接触があるかも。

  6.<その他 その2>
    抗菌の雑巾で拭いた洗面台の上に、
    じかに顔を拭くタオルを置いている。

 —- * —– * —– * —– * —– * —– * —– * ——- * —– *







 ▼答え合わせ。不調の原因はどこに!?


 あるフェローの不調の原因。
 白木さんは見つけられましたか?


 「手袋、電話、ドライヤー、タオル。
  どれも怪しいような……」


 そのとおり。
 リストアップされた内容は、すべて
 トラブルの原因になりうるものです。

 下記のバックナンバーで
 項目ごとに解説をしていますので
 ぜひ、ご参考になさってくださいね。

  ☆第354号 リストアップ?
   『接触物の見つけ方』の秘密(3)
   http://hisesshoku-derm.com/archives/2013/04/354.php






 ▼ときには、肌のことから距離を置いて。


 「こうして書き出してみると、
  一次刺激性物質に囲まれて日々暮らしていることに
  あらためて気づかされますね……」


 そうですね。

 リストアップしてみると、特に間接接触の部分で
 何か考えられそうなことが見つかるはずです。

 ただ、いろいろなことに神経質になりすぎて
 ストレスを感じてしまうのではよくありません。

 トラブルがひどくなったとき、
 原因を考えても思いつかないときは
 しばらく肌のことから離れてみましょう。

 ふとしたときに気づくこともあります。






 ▼肌に手遅れは、ありません。


 思い切ってファンデーションをやめたけれど
 せめてポイントメイクだけは……

 という方が多いようですが、
 ポイントメイクをしていると、
 肌の状態はなかなか改善しません。

 ポイントメイクを、肌の他の部分につかないように
 落とすことは、これまでの臨床の結果から
 かなり難しいことが分かっています。

 健康な素肌を早く取り戻すためには、
 ポイントメイクもしないことが近道です。

 いま抱えている肌トラブルが
 どんなにひどい状態であっても
 肌に手遅れはありません。

 肌を傷める一次刺激性物質との接触を
 完全に断つことができれば、
 どなたでも健康な素肌を取り戻すことができます。




 【第6講のポイント】

 ●トラブルがなかなか改善しないときも
  落ち着いて。

 ●自分で原因を探る、
  リストアップ方式をマスターしましょう。




 本日の講義はここまで。

 ではみなさん、また明日お会いしましょう。

 第7講は『非接触生活を楽しむ秘訣』
 をお届けします。

【第7講(7日目)】非接触生活を楽しむ秘訣

 こんにちは。
 皮膚臨床技術研究会のシニアフェロー、
 牛田専一郎です。


 「いよいよラーナー講座も
  最終回なんですね!」


 そうなんです、白木さん。

 今日は講座の締めくくりとして
 非接触生活を続けていくための
 マインドセットについてお話しします。






 ▼先輩フェロー直伝、ノーメイク生活の楽しみ方


 非接触生活・8つの習慣を
 完全に達成するためには
 時に我慢や、緊張を伴うこともあるでしょう。

 とりわけ大きなストレスになりやすいのは
 “日常的にメイクをしないこと”
 かもしれません。

 肌トラブルを隠したいのに、隠せないーー。

 そんな葛藤を感じている方に
 ぜひ読んでいただきたい、
 3つのメッセージをご紹介します。



  
  ◆【ノーメイクには夢がある!】

  (Fさん:40代・女性)

  私が考えるには、ノーメイクで過ごすということは
  生き方にもつながることだと思います。
  
  私は直近の肌の状態に一喜一憂するのではなく
  年齢を重ねる毎に知識や経験が増え、
  そして肌がきれいになっていくという状態に
  非常に喜びを感じております。
  
  是非とも、周囲の方に夢を与えるぐらいの気持ちで
  ノーメイクにチャレンジしてみてください。
  
  年をとればとるほど、きれいになるなんて
  夢があると思いませんか?




  ◆【弱い肌=良い肌、と捉えてみては】

  (Yさん:30代・女性)
  
  化粧をしても、それはあくまでも
  “化けている私”であり、
  根本的な部分で自信が増すことはなかったし、
  化粧を落としたあとの素肌が
  何よりずっと気になり続けました。
  
  私は自分を認めたり愛したりしないようになり、
  肌に対しても否定ばかりしてきたように思います。
  
  非接触生活を過ごしている今だって、
  やはり波はあり、“もう私の肌やだ!”と
  泣きたくなることがあります。
  
  でも、隠した綺麗はもうとっくに欲しくないんです。
  自分の本来の“素”の綺麗と元気、
  本来の健康が欲しいんです。
  
  それが揺るがないようになるのが目標です。
  
  弱い肌は良い肌だと捉えてみてはどうでしょうか。
  すぐに反応が出る。困る。
  でもそれはちゃんと日々自分に伝えようと
  してくれているんだなあ、って。
  



  
  ◆【目先のきれいよりも10年後の美肌を】
  (Tさん:20代・女性)

  仕事の日も含めたほぼ毎日、
  肌には何もつけずに過ごしています。
  
  始めたばかりの頃は、普段はメイクを我慢して
  特別な時はきちんとメイクしようと
  思っていたのですが、
  「皮膚生理を妨げて美肌から遠のいている」と
  思うようになり、メイクが必要な時でも
  お粉をブラシで付けるだけになりました。
  
  ノーメイクに抵抗を感じる方は、
  「目先のきれいを手に入れるよりも、
   10年後も美肌でいられる方がいい」
  
  と、考えてみてはいかがでしょうか。
  



 非接触皮膚科学のサイトでは
 先輩フェローから寄せられた
 “ノーメイク生活を楽しむコツ”を掲載しています。

 ぜひご参考になさってくださいね。

  ☆ノーメイクに抵抗があるなら:
   実践者からのアドバイス
   http://hisesshoku-derm.com/contents/interactive/nomake.php






 ▼ゆったりとした気持ちで、希望を持って。


 白木さん。
 先輩フェローのアドバイスはいかがでしたか?


 「ノーメイクには忍耐がつきものかと思いきや、
  みなさん明るく、希望を持ってのびのびと
  取り組んでいらっしゃるのが印象的でした」


 そうですね。

 長く続けていくためには、
 短期的ではなく長期的な視点を持つこと。
 そして、希望と気持ちの余裕を持つことが大切です。

 小さな改善に気づき、喜ぶことが励みになりますから
 肌の写真を撮ったりメモをつけたりして
 記録を残すといいかもしれませんね。

 そして、ときには息抜きを。

 肌のことばかり気にしてしまうときは
 視野を広く持つように心がけて、
 気分転換をしてくださいね。






 ▼これで講座は終了です。


 非接触生活を
 これから始める方のためのラーナー講座。
 全7回をお届けしました。

 白木さん、いかがでしたか?


 「すっかりできているつもりの非接触生活でしたが、
  良いおさらいの機会になりました。

  みなさん、1週間おつかれさまでした。
  これからも一緒に取り組んでいきましょうね~!」


 受講生のみなさん、
 最後までお読みいただき
 ありがとうございました。


 非接触生活の最新情報、
 そして牛田と白木の近況!?は
 ぜひこちら↓でチェックしてくださいね。

  ☆メールマガジン『秘密の皮膚科学』
   http://hisesshoku-derm.com/archives/02mm/


 ではみなさん。
 また、メルマガでお会いしましょう!







—- * —– * —– * —– * —– * —– * —– * ——- * —– * —
最後に、皮膚臨床技術研究会からのお知らせです。
—- * —– * —– * —– * —– * —– * —– * ——- * —– * —


 ◆【3ヶ月短期集中コースのご案内】

  このラーナー講座を終了された方は、
  トレーニーにステップアップすることができます。

  ラーナー期間中に
  毛穴・カサつき・炎症・かゆみ・ニキビ・
  くすみ・角化症が改善した方は、
  8つの生活習慣が達成できているということ。

  ぜひトレーニーにステップアップして
  非接触生活3ヶ月短期集中コースに
  チャレンジしてくださいね。

  短期集中コースでは、ASVC35を使用しながら
  色素沈着、シミ、シワの改善を目指します。
 
  詳細はこちらでどうぞ。
  ◎「長年の肌トラブルに悩む人のための
    非接触生活サポートプログラム」
   https://jstcd.or.jp/supportprogram/hsp/


  短期集中コースにエントリーするには
  簡単なクイズがあります。
  8項目を達成し、準備が整った方はぜひチャレンジを!
  お待ちしております。


  ◎短期集中ーコース・エントリークイズ
   https://jstcd.or.jp/mastercourse/

   ※クイズは何回でも受けることができます。



 ◆【研究会でもメルマガを発行しています】


 皮膚臨床技術研究会では
 メルマガ『非接触生活プロジェクト』を
 発行しております。

 非接触生活を実践している方に向けての
 実践のコツや、研究開発の進捗等を
 お知らせしています。

 上記でご案内した
 「3ヶ月短期集中コース」で
 必要になるパスワードも
 メルマガでお知らせしていますので、
 よろしければご登録くださいね。

  ◎メールマガジン『非接触生活プロジェクト』
   https://jstcd.or.jp/mailmagazines/

—- * —– * —– * —– * —– * —– * —– * ——- * —– * —