• HOME »
  • パワーライティング塾に紹介されました!

牛田も購読しているメルマガ『パワーライティング塾』に紹介されました。

* * * * * * * * * ここから * * * * * * * * *

最新刊『成功する試行錯誤には、たったひとつの理由がある』は、

好評発売中です。

売り切れると、おしまいなんだよね。

だから、無くなる前に買ってね。

パワライ小冊子『成功する試行錯誤には、たったひとつの理由がある』は、

1200円です。

詳しくは→ http://www.pawarai.com/pw9_A.htm

───────────────────────────────────
   ├────────────────────——–
   │ 第94号 2005/06/20 7320名
   ├───────────────—————-
   │      〆(..)   〆(..)   Power Writing Lesson
  ┏━━━━━┓┏━━━━━┓┏━━━━━┓┏━━━━━━━━━━━┓
┏┛ 集 ま る   ┣┫ 売 れ る  ┣┫ 儲 か る ┣┫ パワーライティング塾 ┃
┗◎━━━━◎┛┗◎━━━◎┛┗◎━━━◎┛┗━◎━━━━━━━◎━┛

      パワーライティング塾の目的は

       【Happyの流れ】を作り出すため、

       伝わる文章の書き方を学ぶことです。
───────────────────────────────────

昨日は、ちょっと怪しい人に会って来ました。

先日、小島さんと、かめおかさんのセミナーで出会った人なんだ。

どんな人かと言うと、秘密の化粧品という、
メルマガを発行している牛田さん。

化粧品の世界って、正直言ってあやしそう。

だって、女性の美に対するモチベーションってすごい。
そのモチベーションをどんどん加速させる業界だもん。
怪しくないはずはない。

と、思って、どんな世界なんだろうと、
元々興味津々でした。

おっと、こんな話しをしていると、長くなりそうだから、
後回しにするね。

講座の後でね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 12日目 順を追って説明する
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日は、ちょっと、ノウハウの書き方というよりも、
分かり易い文章の書き方の話しをしましょう。

順を追って説明する、ってこと。

分りづらい文章というのは、順を追っていないことが多い。

 あるセミナーで出会った彼に、人間関係の基礎を話した。

 意外と簡単に説明ができた。
 彼も私も、プログラマー経験があるからだ。

 僕の説明は、論理的な考え方で展開していく。
 だから、彼には、理解しやすかったのだ。

これって、読みやすいかな。

実は、読みづらく書いてみた。

なぜ、読みづらいのかと言うと、順を追っていないからだ。

この話しを理解してもらうには、知ってもらわなければいけないことが
いくつかある。

1.プログラマーは、論理的思考ができる人種だ。

2.僕も彼も、プログラマー経験があるから、論理的思考ができる。

3.だから僕は、彼に論理的な人間関係の話しをした。

4.彼は、僕の話をすぐ理解した。

この4つだね。

この順番で説明すると、自然に分ってしまう。
特に難しく考える必要がない。

順を追って説明しているからね。

でも、さきほどの文章は、順を追って説明していない。
特に、2番は省略されてしまっている。

だから、読んでいる最中に「?」が出てきてしまうのだ。

「?」を持ったまま読んでいると、読みづらい文章になる。
だから、そうならない様に順を追って説明する必要がある。

それでは、順、ってなんだろう。

それは、理解しやすい順のことだ。

ある知識がないと理解できないことがあるなら、
まず、その知識を先に書くこと。

それが順なんだ。

この順を追うためには、書いたとき、「これって、分らないかも」と
チェックを入れる必要があるんだ。

たとえば、「意外と簡単に説明ができた」と書いたなら、
ここで、チェックがかかる。

「なんで、意外なんだろう?」

本人にとっては、意外と感じることでも、
読んでいる人にとって、意外な理由は想像できない。

だから、説明がいるな、と考えるんだ。

じゃ、何を説明したらいいかな。

と、考えると、意外の意味を考えなきゃいけない。

意外の意味は、

僕が説明する人間関係の話しは理解しづらい、

のに、

彼には簡単に説明が出来た、

こと。

そう考えると、意外は分ったけど、なんで、

簡単に説明できた

のかが疑問になってしまう。

それは、

ふたりとも、プログラマー経験があった

から。

すると、また、疑問が生まれる。

なんで、プログラマー経験があると、
理解できるのか。

それは、

プログラマー経験がある人特有の論理的思考を使って、人間関係を説明しているから。

こんな流れで、疑問が連発してくる。

会話なら、どんな順番で話しても問題がない。

「彼には僕の人間関係論はすぐ伝わったよ」

「へぇ~、なんでかな」

と質問を入れてくれる。
もっとも、興味なければ、質問しないで聞き流してしまうってのもあるけどね。

文章だと質問する訳にはいかないから、
疑問がでない順番で書く。

これが読みやすい文章になるんだ。

この順番。

何かの依頼をするときにも、便利なんだよね。

僕が、韓国に旅行したとき。
帰りの飛行機に乗り遅れそうになってことがあるんだ。

もう、最終アナウンスが終わって、ドアが閉まろうとしているとこ。

乗り遅れないように、手続きしたいんだけど、一杯人が待っている。

だから、先に手続きさせてもらおうと思ったんだ。

そのとき、単に先にさせてくれ、と言っても、駄目って言われそう。
だから、順を追って説明したんだ。

「あの飛行機の切符を持っている」

「もうすぐ出発してしまう」

「だけど、僕はこの手続きをしないと乗れない」

「だから、先に手続きさせて欲しい」

これを、外人相手に説明した。

ま、単語を並べた英語と、アクションでね。
すると、みんな快く、譲ってくれるんだよね。

結局、間に合って、乗れた。

後から知ったのは、カウンターでチェックインしたら、
飛行機が待っててくれるんだよね。

知らなかったから、乗り遅れるかもと、びくびくしてた。

この場合の順の追い方っていうのは、

1.自分がどういう状態なのか説明する。

2.どういうことをしたいのか説明する。

3.あなたに何をしてもらいたいか説明する。

この順なんだ。

これって、決まりきったルールと違うことをするのに、
必要な説明なんだ。

この説明をするのにも、疑問で考えて組み立てしたんだ。

「先に手続きさせて欲しい」と言ったら、どんな疑問を持つか。

みたいにね。

分かり易い文章を書ける人って、
この疑問を持てる人なんだ。

疑問を持った上で、必要な説明を考える。
そして、疑問が出ない順で文章にする。

あなたの文章は、順を追って書いてありますか?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

――あなたにもきっと夢があります。

 見つけてみたいと思いませんか?

「夢に向かって毎日をキラキラ生きている人」に突撃インタビュー!
 キラキラのコツと、夢のレシピをご紹介。

さらに読者同士で仲間もできるかも!?
 色んな夢のカタチが、ここにあります。

ぜひ、あなたの「夢探し」に役立ててくださいね!

 ●購読はコチラ⇒ http://www.mag2.com/m/0000144936.htm

塾長:やりたいことがみつかるって素晴らしいことだよね。
    そんな夢探しを手伝ってくれるメルマガ。
    このメルマガのお勧めなポイントは、実際になにをしましょう、
    とやれることを提案してくれること。
    提案に乗って、色んなことをしていけば、夢って見つかるんだよね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

えっと。

何の話しをしていたんだっけ?

そうそう、怪しい・・・おっと違った。

秘密の化粧品の話しだった。

牛田さんって人がやっているメルマガなんだ。

セミナーの懇親会で知り合って、化粧品関係の仕事をしているって聞いた。

僕って、化粧品のこと全然分らない。

でも、いつかは、化粧品の世界を一度はかじってみたいって思っている。

だって、不思議な世界なんだもん。

「ええっ?5000円の石鹸が人気あるの?」

なんて感じなんだ。

とにかく、どうしてそれが売れるのか分らない商品が多い。
その裏側がどうなっているのか、興味津々。

そんな興味持っている僕の前に、牛田さんが現れたって訳。

でもって、牛田さんの研究所に行ってみました。

おしゃれな事務所に、お肌の計測用の機械がおいてある。
まだ、プロジェクトが始まったばかりみたい。

まずは、お肌の計測をしてもらう。

「あなたの肌年齢は・・・68歳です」

おいおい・・・そんなにひどいの?
がっくし。

どうも、実際の年齢より上の数字が出やすいらしい。
化粧業界の陰謀だぁ。

と騒いでしまった。

ま、計測してもらいたくて行った訳じゃないから本題に入った。

「どんなことをしようと思っているの?」

とズバリ聞いてしまった。

すると、すごい話しを聞いてしまった。

そんなことをやって問題ないのか?

その内容とは?

実は・・・秘密なんだ。

だって、牛田さんのメルマガでも発表していないことを
勝手に書いたら、次から秘密を教えてもらえなくなる。

どうしても知りたい人は、
いろんなボランティアを募集するみたいだから、
牛田さんに会って、聞いてみてね。

秘密の化粧品って名前のメルマガです。

⇒ https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=himituco

秘密を教えてもらっちゃったから、
僕も色々教えてしまった。

ネットの世界でライバルに差をつける方法。

いかにノウハウを発信するかなんだよね。
すでに、メルマガを発行しているから、
その媒体をどう活用するか。
とかね。

結局、人に興味をもたれなければいけない。

その方法とは・・・今度のセミナーで公開するから、来てね。

■集客の悩みが無くなる!ノウハウライティングスキル習得セミナー

日 時: 6/23(木)開場12:15 開演12:30 終了17:30

場 所: 池袋駅より徒歩10分(詳細はお申込み後お送りいたします)

費 用: おひとり様22,000円(税込み・会場にてお支払い)

募 集: 16名 

講 師: パワーライティング塾 塾長 沼田裕

●お申し込みはこちら→ https://24auto.biz/moel/touroku/thread46.htm

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ┏━━━━━┓ 
┃ ┃ 毎 日 ┃ 集まる・売れる・儲かる
┃ ┃  発行  ┃ パワーライティング塾
┃ ┗━━━━━┛
┃       ───────────────────────────
┃◇発  行  :モエル株式会社
┃         〒344-0041 埼玉県春日部市増富694−12
┃         TEL 048-760-2727  FAX 048-760-2781
┃ http://www.pawarai.com/
┃         
┃◇塾長&編集長:沼田裕   e-mail: town@jfast1.net
┃◇ライター   沼田裕 木戸一敏
┃◇登録・解除 :http://www.yuzuriha.sakura.ne.jp/~town/mag/pw01.htm
☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

* * * * * * * * * ここまで * * * * * * * * *