肌の悩みの原因が一時刺激性物質との接触にあるという仮説を人臨床により検証しています。

一次刺激性物質との接触を避ける非接触生活とは

10年間約4,500件のモニタリング結果から、実際に肌荒れをしたという報告のあった状況や、測定数値に大きな影響を及ぼした生活習慣をもとに、日常生活で肌を傷めない方法を8つにまとめました。 一次刺激性物質の含まれた化粧品や生活用品との接触を避けることで、3ヶ月間で尋常性ざ瘡(ニキビ)やアトピーなどの炎症系の湿疹、くすみ、カサつき、毛穴の開大、痒み、角化症などの皮膚トラブルが改善されることがわかってきています。 皮膚臨床技術研究会では、非接触生活を実践するための生活環境作りや一般の方・患者様の実践サポートをしています。

詳細は「非接触皮膚科学」にて

事例を見る

肌測定器を使い長期的に経過を撮影した写真や測定数値や、フェローの皆さんがご自宅で撮影した写真記録をご覧いただけます。

  • 色素沈着
  • 紅斑・炎症
  • ニキビ(尋常性ざ瘡)
  • アトピー性皮膚炎

非接触生活について

非接触生活を実践する

非接触生活を実践して隠す必要のない素肌を取り戻しませんか。今日から実践してみようと思った方、一人でできるか心配という方のためにご自宅でできる、実践サポートプログラムを用意しています。3ヶ月間で素肌の改善を目指します。また、肌の測定をしながら専門アドバイザーが対面で行なうカウンセリングもあります。

実践サポートプログラムについて

メルマガで知る

メールマガジン「非接触生活プロジェクト」では、実践者の方から届いた非接触生活を日常生活で行なうヒントやアイディアの紹介、研究開発の進捗状況をお知らせしています。読むことでモチベーションを維持できると好評のメルマガです。

バックナンバーはこちら

実践者のみなさんと開発しました

お湯洗髪の用途に特化したヘアブラシや、柔軟剤不使用の洗濯用中性洗剤など非接触生活の実践に必要な製品の開発を行っています。 肌の弱い方がどうしても必要なときに安心して使える、メイク用品の開発が現在進んでいます。

開発実績はこちら

お知らせ

バックナンバーはこちら
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 皮膚臨床技術研究会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.