肌がカサついている部分では、角質の正常でない剥離が起きています。
ワセリンを使用し、カサつきをごまかす程度の保護をするとよいでしょう。

皮脂膜に保護されているような状態をつくり、なるべく自然な角質の剥離に近づけることが大切です。ただし、夜のお休み前は何もつけないようにして、肌の自然な皮脂分泌を促しましょう。