炎症が起きるほどの強い日焼けをすると、肌を傷めてしまいます。
夏場の屋外でのスポーツや海でのレジャーなど帽子や日傘などで紫外線対策をできないときは日焼け止めを使いましょう。
日焼けによるダメージより、日焼け止めによるダメージのほうが小さくなるためです。