●2010年1月14日

  • k20100114_1.jpg
1年ほど前から外出できなくなるほど炎症がひどくなったというKさん。 炎症、かゆみ、腫れで皮膚科に通っていましたが、薬をやめると症状がぶり返すため、ご相談のメールをくださいました。 シャンプー、洗濯洗剤の切り替え、洗浄剤の不使用を実践していますが、写真ではまだ炎症が出ています。 セーターや寝具に中性洗剤を使用していること、使い捨てのマスクを使用していることが原因として考えられます。

●2010年2月3日

  • k20100203_1.jpg
衣類をトップクリアリキッドで洗濯し直し、赤みも治まってきました。 「携帯で今日写しました写真です。携帯ですのでハッキリ写す事ができませんが、赤みがここまで治りました。 とても感謝致しております」(Kさん) この後ASVC22の使用を始めました。

●2010年3月8日

  • k20100308_1.jpg
  • k20100308_2.jpg
ASVC28を使用しています。 右側よりも左側に赤みが強く出ているのは左側に接触があることが考えられます。 トップクリアリキッドで洗い直していないクッションカバーや毛布、顔を触る癖などがあるかもしれません。

●2010年3月12日

  • k20100312_1.jpg
  • k20100312_2.jpg
  • k20100312_3.jpg
「寝る時、身体左を下にしているために、枕に左頬が長く接触することがわかりました。 枕カバーに更にタオルを置いて、毎日取り替えてみました。そしたら、左頬の赤みはだんだんなくなってきました」(Kさん)

●2010年3月26日

  • k20100326_1.jpg
ASVCを塗ってもピリピリしなくなりました。 肌になめらかさが出てきています。

●2010年4月25日

  • k20100425_1.jpg
一部分で炎症が出ています。 抗菌剤や柔軟剤のついたものに手で触れた後に、無意識のうちに顔に触ってしまったりすることで影響を受けることがあります。 Kさんからは後日ご感想が届きました。 「御陰様で皮膚(顔)の炎症はすっかり良くなりました。いろいろとご指導やお勉強をさせていただいて、 心から感謝いたしております。私はこれまで4カ所の病院に行きましたが、どの病院も症状に応じたステロイド軟膏でした。 いま、こんなにきれいに治った状態を皮膚科の先生にお見せしたいくらいです」

*ご報告メール全文、牛田の詳細解説はこちら↓

第244号 日常生活を見直して?『肌の炎症が改善するまで』の秘密(1) 第245号 ASVCを使用して?『肌の炎症が改善するまで』の秘密(2) 第246号 再びメイクを!『肌の炎症が改善するまで』の秘密(3)